日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大宮エリーは「誤解招く人」

松居一代が船越英一郎との“不倫疑惑”告発した大宮エリーは「誤解招く人」と業界評

「こういうときこそ、得意の文章で、きちんと説明すべきと思うんですけどね。船越さんと大宮さんが不倫などの男女関係にあったとは思えませんけど、自分の手紙で相手の妻を不快にさせたことは確かなのですから、やっぱり誤解を受けやすい文章を書く人なんですよ。個人的には、大宮さんに文章講座をやらせちゃダメだと思う」(前出関係者)

 大宮は12年に「思いを伝えるということ展」なるイベントを開催し、その後も手紙の書き方講座や、手紙の重要性を説くトークショーなどに数々出演。今年5月にも「大宮エリーさんと一緒にお母さんに手紙をかこう」というイベントを行っており、過去には「あのあとすぐの、ふたりの手紙」なる短編を発表したこともある。確かに、手紙の魅力を伝えてきた人物であるようだ。

「大宮さんは、普通の人だったら『先日はどうもありがとうございました』ぐらいで済むものを、『奇跡の出会いでした!』みたいに書いてしまうところがある。他人がそれを見たら気持ち悪さを感じることもあるでしょうし、既婚者の男性相手にやったらトラブルの元。おちんちんシールなんて同封する時点で、一般的な感性ではない」(同)

 手紙の達人として活動していた大宮だが、今回それが原因で離婚騒動に巻き込まれてしまったのは事実。ネット上でも「既婚者に送る手紙じゃない」との声が多数で、彼女のスタイルである熱のこもった手紙が必ずしも良いとは限らないことを皮肉にも伝えてしまったようである。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER)

最終更新:2017/07/23 10:00
12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

松居一代が船越英一郎との“不倫疑惑”告発した大宮エリーは「誤解招く人」と業界評のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

松居一代と船越英一郎の離婚問題で渦中の人物となったタレントの大宮エリーについて、業界関係...
写真