日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 南北緊張高まる中、中国船が丸儲け
緊急現地ルポ

南北の緊張高まる中、中国船がワタリガニ密漁で丸儲け!「獲れるものはなんでも獲っていく」

南北の緊張高まる中、中国船がワタリガニ密漁で丸儲け!「獲れるものはなんでも獲っていく」の画像3北朝鮮を臨む韓国側の砲台もなすすべはない

 中国漁船は、韓国側の取り締まり船が動くと北方限界線を越えて北朝鮮側に逃げていくといい、正恩氏の息のかかる精鋭部隊がいる北側でも、友好国の中国船には手荒な真似はできない。このため事実上、自由な操業と航行が可能で、中国漁船が丸儲けしているというワケだ。

 昨年6月のワタリガニ漁期には、怒った韓国漁民が中国漁船2隻を自力で捕まえたり、海洋警察も中国漁船に発砲するといった強硬姿勢に出たが、向こうも向こうで船団を密集させて居座ったり、物を投げ返して抵抗したりと、ただ者ではではない連中だという。

 韓国側と中国漁船のバトル、日本にとっては目くそ鼻くそみたいなものだが、中国漁民のしたたかさは日本も笑ってはいられない。
(文・写真=金正太郎)

最終更新:2017/08/22 18:00
12
こんな記事も読まれています

南北の緊張高まる中、中国船がワタリガニ密漁で丸儲け!「獲れるものはなんでも獲っていく」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

目の前に北朝鮮の要塞島がある韓国・延坪島(ヨンピョンド)で、高まる南北間の緊張を悪用した...
写真