日刊サイゾー トップ > 芸能  > 土屋太鳳“頑張り過ぎ”に心配の声 

土屋太鳳の“頑張りすぎ”に周囲も心配 過密スケジュールでも「どんなオファーも断らないで!」

0821_tao.jpg土屋太鳳オフィシャルブログより

 ここ数年の朝ドラヒロインの中で、最もブレークした若手女優といえば、土屋太鳳をおいてほかにいないだろう。2017年はすでに『PとJK』、『兄に愛されすぎて困ってます』の2本の映画でヒロインを演じ、今後も『トリガール!』『8年越しの花嫁』と主演作の公開が待機している状態。来年以降も、『となりの怪物くん』『累 -かさね-』といった作品の公開が控えている。

 また、現在公開中のアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』では、主人公フェリシー役の日本語吹き替えを担当。主題歌「Felicies」を歌うとともに、作詞にも挑戦。来年1月には舞台『プルートゥ PLUTO』への出演も決定し、2月にはヨーロッパ公演も行われる。

 とにかく、マルチに大活躍中の土屋。相当な過密スケジュールになっていることは容易に想像できるが、芸能関係者はこう話す。

「映画を何本も続けて撮影するだけでも相当な忙しさなのに、初舞台が控えているというのは、尋常ではないと思います。映画の公開に伴うプロモーションもたくさんあるでしょうし……」

 確かにオーバーワーク気味のようにも思えるが、実は土屋本人が望んだ結果なのだという。

「事務所としてはある程度スケジュールに余裕を持って稼働させたいようなんですが、どうやら土屋さん自身が『どんなオファーも断らないでください』『なんでもやります!』と事務所に頼んでいるらしいですね。本人がやる気を見せているので、事務所としてもその意思を尊重しているのだと思いますが、ちょっと頑張りすぎなのではないかと心配もされています」(同)

 土屋は16年10月、TBS系ドラマ『IQ246 華麗なる事件簿』の番宣で『オールスター感謝祭』に出演。「赤坂5丁目ミニマラソン」に出場し、力走を見せるも、完走後に倒れ込んでしまうということがあった。まさに“頑張りすぎ”な一面が垣間見られたシーンだ。

「真面目で、何事にも一生懸命取り組むので、業界内の評判もすこぶるいい。清潔感もあるのでスポンサー受けもいいし、実際に人気も高い。正直、オファーは今後も増えていくでしょう。このまま全部の仕事を受けていたら、本当にパンクしてしまうかもしれませんね……」(同)

 仕事を断らないのもいいが、もしも体調を崩してすでにオファーを受けていた仕事に穴をあけてしまったら、それはそれで大きな問題になりかねない。周囲に迷惑をかけないためにも、頑張りすぎないほうがいいと思うのだが……。

最終更新:2017/08/22 12:25
こんな記事も読まれています

土屋太鳳の“頑張りすぎ”に周囲も心配 過密スケジュールでも「どんなオファーも断らないで!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

ここ数年の朝ドラヒロインの中で、もっともブレークした若手女優といえば、土屋太鳳を置いてほ...
写真