日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木砂羽に「女優生命の危機」

前代未聞の降板劇! “パワハラ”告発で悪評噴出の鈴木砂羽に「女優生命の危機」

前代未聞の降板劇! パワハラ告発で悪評噴出の鈴木砂羽に「女優生命の危機」の画像1ホリプロオフィシャルサイトより

 大問題に発展しそうだ。女優でタレントの鈴木砂羽が初めて演出を行った自身主演の舞台『結婚の条件』(13日から上演)で、なんと初日2日前に、共演する鳳恵弥と牧野美千子の降板が発表されたのだ。

 前代未聞の出来事だが、その裏で鈴木の問題行動が取り沙汰されている。鳳と牧野が所属する事務所は「演出鈴木砂羽氏より二人の受けました人道にもとる数々の行為に対しまして、弊社と主催側で検討をしました結果、残念ながらこれ以上の稽古及び舞台への出演をお受けすることは出来ないと判断し出演をお断りする運びとなりました」とリリース。さらに鳳は、自身のブログで鈴木から罵倒されたことを明かし「床に額を擦り付けて謝ることになりました」「他の共演者の方にも土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました」とつづった。

「鈴木さんはもともと精神的に不安定なところがあり、追い詰められるとぶっ飛んだ行動に出る。これまで、撮影現場で台本を書き換えさせることも多々ありました。また、鈴木さんのパワーハラスメントは業界では有名です。打ち上げで、お酒に強い鈴木さんが周りに飲酒を強制する“アルコールハラスメント”の被害者も数多くいますよ」(芸能関係者)

 これら問題行為は恒常化していた可能性もあるが、今回の件については、鳳と牧野が所属する事務所が発表したこと、鳳がブログで告白したことにより、事実が公となった。その一方で、早くも沈静化を図る動きが活発となっている。

「鈴木さんが所属するホリプロは、スポーツ紙など普段から懇意にしているメディアに、この事件を報道しないよう圧力まがいの要望を伝えているようです。さすがにここまで大きな騒ぎになってしまったので、扱わないわけにはいかない状況にはなっていますが、差し障りのない内容になりそうです」(同)

 他方で、鈴木のこれまでの悪行が週刊誌を中心に次々と報じられるのは確実だというウワサも漏れ伝わっており、いずれにしても鈴木は、女優生命を懸けた正念場を迎えることになりそうだ。

最終更新:2017/09/13 23:00
こんな記事も読まれています

前代未聞の降板劇! “パワハラ”告発で悪評噴出の鈴木砂羽に「女優生命の危機」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

大問題に発展しそうだ。女優でタレントの鈴木砂羽が初めて演出を行った自身主演の舞台『結婚の...
写真