日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室「引退ビジネス」の舞台裏

“電撃”じゃなかった!? 安室奈美恵、発表前に準備着々……「引退ビジネス」の舞台裏

電撃じゃなかった!? 安室奈美恵、発表前に準備着々……「引退ビジネス」の舞台裏の画像1

 来年9月で引退することを発表した歌手、安室奈美恵の「引退ビジネス」は、用意周到に計画されたものだったようだ。一部では、安室の引退発表は本人が突然に決断を伝えたため、大慌てで関係者が対応したということだが、ある芸能関係者はこれに否定的な見方をしている。

「番組タイアップ曲や大規模なツアー、アルバム発売は、その後の1週間や10日ほどで決まるような話ではないからね」(同)

 9月20日、レコード会社や個人事務所のスタッフらに通達されたという安室の引退だが、発表直後、11月のベストアルバム発売がメディアにリリースされた。その後も来年2月から東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5大ドームツアーやアジア公演の開催も伝えられ、10月2日には情報番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)にビデオ出演し、新曲「Finally」がエンディングテーマになったと発表。前出関係者は「急にプロジェクトが動いたわけではないはず」と見る。

 それをさらに裏付けるのが、安室の映像使用規制だという。安室に関する映像は、引退発表の数カ月前から「エイベックス提供のミュージックビデオ以外は、使用を認めない」とする通達が、テレビ局などの一部メディアにされていたというのだ。

「安室の引退を伝えたニュース番組が流したのは、みんなミュージックビデオばかりだったでしょ? 引退ビジネスがしっかり練られた上でスタートしていなきゃ、こんな統率はとれない。エイベックスが一部幹部しか引退を知らされなかったといっても、それは大きな発表を漏らさないように運んでいただけで、ガチで本人が電撃発表したというのとは違うと思う」(前出関係者)

 ある情報番組では、編集者の山本由樹氏が安室の発表を「閉店セール」と表現していた。

「言い方は悪いけど、引退1年前に発表して大規模な商売を始めるのは、そういう見方で正しい。経済誌では関連商品のセールスが急上昇し、エイベックスを含めた関連各社の株価も上昇している」(同)

 来年9月16日の引退の日まで、大きな“安室フィーバー”が続きそうで、これには音楽関係者も「コンサート関係への問い合わせも、電話回線がパンク寸前になるほど殺到している。この状況だと、ライブチケットやCDなどの売れ行きは、歴史的な数字を記録するのでは? 広告代理店が、さらにタイアップ企画のプランを続々と浮上させているみたいですし」と話す。

 水面下で練られていたとみられる、安室の「電撃引退」。そのインパクトは、最大風速となって効果を出していきそうだ。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2017/10/06 08:00
こんな記事も読まれています

“電撃”じゃなかった!? 安室奈美恵、発表前に準備着々……「引退ビジネス」の舞台裏のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

来年9月で引退することを発表した歌手、安室奈美恵の「引退ビジネス」は、用意周到に計画され...
写真