日刊サイゾー トップ > 芸能  > “芸能界最強”生島ヒロシの武勇伝

“芸能界ケンカ最強伝説”の一人・生島ヒロシがクリスマスイブに武勇伝を告白! 「黒帯が役に立った」

生島企画室オフィシャルサイトより

 芸能界には、いくつもの“ケンカ最強伝説”が存在する。多くの人は真っ先に渡瀬恒彦説を思い浮かべるだろうし、他にも大木凡人説や車だん吉説、ジェリー藤尾説など数々の伝説が語り部によって周知されてきた。

 そして先日、“最強説”を持つ者の一人が自ら口を開いている。それは、生島ヒロシ。12月24日放送『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演した彼が、破天荒な青春時代を回想したのだ。

 そのトークは、クリスマスイブの午前(生島の誕生日は12月24日)という時間帯に独特の異彩を放ち、好事家を喜ばせている。

 

■アメリカで出会った人物と旅を共にするも、“白い粉”を発見して逃走

 

 番組も番組だ。オープニングで、いきなり生島の前に瓦10枚を用意し、瓦割りをけしかけるのだ。生島も「やってやろうじゃないの」と、手刀で難なく瓦割りを成功させ、スタジオの観覧客を驚愕させている。

 また、この番組はゲストの半生をお笑い芸人がボードを使って振り返るのが恒例だが、この日担当したアルコ&ピースの平子祐希(身長182cm、体重78kg)を見た生島は「大きいね、勝てるかなぁ?」と声を掛けたという。男と対面する時は、いまだにスカウターを働かせてしまう生島。老いてなお盛んだ。

 そんな彼が、この日の番組で語ったのは、20歳の時に思い立ってスタートさせた「アメリカ移住」時代のエピソードであった。まず、生島はハワイへと向かい、そこである人と知り合っている。

「その時にたまたま出会った方が『一緒にサンフランシスコに行こう』と。(中略)ホテルの部屋に入った途端、ニコニコしてるんだけど、すごい勢いで怒り出してきちゃって、怪しいんですよ。その人が旅の疲れで寝込んだからカバンを見たら、白い粉がたくさん入ってた。もしかしたら、クスリかもしれない」

 隙を見て無事に逃げ出せたそうだが、それにしてもいきなり中毒者と旅を共にするとは、生島は引きが強い。

 

■ベニー・ユキーデとの試合が決まりかけていた

 

 アメリカで大学に進学したものの、その頃はまだ英語が上手ではなかった生島。やはり、周囲からバカにされることも多かったという。そこで効力を発揮したのが「アイアム ブラックベルト」という言葉であった。空手の黒帯を取得していることを明かし、空手の型を披露するや、周りの態度は激変したそうだ。

 実は、この時代について、より詳細に語っている資料が存在する。「KAMINOGE」(東邦出版)vol.70に掲載された生島ヒロシインタビュー、好事家は必読である。

 当初はアメリカの極真空手道場にアシスタントとして入ろうと目論んでいたという生島。実際に現地でアメリカ人と手合わせしたこともあったと告白する。

「アメリカ人と組手をやっても回し蹴りなんかがバチコーンと入ると、アメリカ人のゴツイのが『ううっ……』ってなってましたからね(笑)」

 70年代当時のアメリカといえば、今よりはるかに治安が悪い。ご多分に漏れず、生島はトラブルに巻き込まれている。当時、生島はボロボロのフォルクスワーゲンに乗っており、思うようにスピードが出せなかったという。そんな生島を煽り、並走して緑帯の空手着を見せ付けてくる車が現れたのだ。

「そんなことされたら、こっちもカッとなるでしょ。『待て、バカヤロー!』って、ボクは持ってた黒帯をガーッと見せて、『来い、この野郎!』ってガソリンスタンドに入ってクルマを降りて待ってたんですよ。そしたら向こうが急に平身低頭になって『アイム・ソーリー』とか言ってきたんです(笑)。でも、こっちはカッカしてるもんだから『おまえね、空手はケンカするためにやるんじゃないぞ!』って説教して、『気をつけて帰れ!』って言ってやりましたよ(笑)」

 また、生島がベニー・ユキーデとの対戦をマッチメイクされかけた話は有名だ。

「出村(文男)さんっていう当時の空手チャンピオンだった人と山崎清司先生がカリフォルニアのサンタナに道場を開いたんですね。それでボクは、その道場でお手伝いをしていたんです。(中略)ある日、道場で稽古をしていた時にベニー・ユキーデのお兄さんっていう人が来たんです。(中略)ボクを見たベニーのお兄さんが、道場の山崎先生に『ヒロシ・イクシマとベニーを対戦させたい』って言ったらしいんですよ」

 結局、この話は生島本人に伝わらないうちに断られたようだが、だとしても夢のある話ではないか。


12
こんな記事も読まれています

“芸能界ケンカ最強伝説”の一人・生島ヒロシがクリスマスイブに武勇伝を告白! 「黒帯が役に立った」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

 いま世間を騒がす剛力彩芽(25)とZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・...
写真