日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > お正月、アイドル“晴れ着番組”の楽屋

「もっとキツく締めて!」着付け業者が明かす……お正月、アイドル“晴れ着番組”の楽屋は阿鼻叫喚!!

イメージ画像(HKT48宮脇咲良のTwitter:@39saku_chanより)

 お正月番組の楽しみといえば、美女たちの晴れ着姿。普段は最新ファッションに身を包んだアイドルたちが、艶やかな着物をまとった姿を見られるのは正月番組ならではだが、楽屋ではとんでもないてんやわんやが繰り広げられているという。

 普段は都内で着付け教室の先生をしており、昨年末に国民的アイドルグループの番組で着付けを担当した女性のTさんは言う。

「収録は12月初旬に行われましたが、それはそれは大変な現場でした。集合は番組収録開始の4時間前だったのですが、最初から大騒ぎ。事前にメンバーの身体のサイズは聞いていたので、何パターンか着物を持って行って、メンバーに着物を選ばせるところから始まったのですが、他の仕事で遅れてきたメンバーがいて、その子が残っていた柄が気に入らないと言って、いきなり一騒動でした。メンバーの中には着物を着るのが初めてという子もいて、着付けの途中で貧血のような状態になる子もいました」

 当日番組に出演するメンバーは20名ほどいて、人手が必要だったため、サポート役に弟子を連れて現場に行ったTさん。中には着付けのプロに対してクレームを付けるメンバーもいたそうだ。

「メンバーの中には、信じられないぐらいガリガリの子もいて、きれいに着るために腰の部分にタオルを何枚も入れる子もいました。一方では、いったん着付けが終わったのに、いつまでも鏡の前に立って自分の姿をチェックした挙句、『着付けをやり直してほしい』と言ってきた子も。その子は、メンバーの中でも比較的ぽっちゃりした子で、着物を着た時のボディラインがどうしても気になったようでした。そこで、帯をキツく締め直してあげたところ、『もっとキツくしてください』と言うのです。私は、『そんなにキツく締めたら、途中でしんどくなるわよ』と言ったのですが、その子は『大丈夫です!』と言うばかり。スタッフも『やってあげてください』というので、ギューギューに締めました」

 そのメンバーは宣言通り、帯をギチギチに締めた着物で、数時間にもおよぶ収録を乗り切ったのだそう。見る方にとっては眼福の晴れ着姿だが、着るのが命がけのメンバーもいるようだ……。

最終更新:2018/01/14 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「もっとキツく締めて!」着付け業者が明かす……お正月、アイドル“晴れ着番組”の楽屋は阿鼻叫喚!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若...
写真