日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木下優樹菜のスゴすぎ“豪腕”ぶり!

木下優樹菜の“豪腕伝説”がスゴすぎる! 夫・フジモンを尻に敷き、スタッフをコキ使い……

木下優樹菜

 1月14日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にタレントの木下優樹菜が出演。お笑い芸人・FUJIWARA藤本敏史との夫婦仲について語った。

 番組で木下は、藤本が洗濯用洗剤の蓋を締めないためにケンカになった話や、木下が食べていたアイスクリームを藤本にけなされ激怒したなど、藤本への不満を明かしたが、実際のところ、藤本は仕事が空くと木下の仕事現場に行き、現場に連れて来ていた子どもたちを引き取り、甲斐甲斐しく面倒を見ているという。現場のスタッフからは「実にできた夫だ」との評判で、藤本は木下の現場スタッフとも仲良く話をするそうだ。

 そんな“できた夫”を尻に敷いている“恐妻”木下。実は彼女、仕事面でも豪腕を発揮しているそうだ。

「まず、ギャラが高いんです。彼女のブランドプロデュース料は、普通のタレントのプロデュース料よりはるかに高く、億近い金額という話を耳にしたことがあります。お金の面では藤本よりも稼ぎが良いはず。だから夫を尻に敷けるのでしょうね」(アパレル関係者)

 それ以外にも、木下を媒体で起用する場合、細かな条件があるようだ。

「撮影拘束時間が短く指定され、日中の数時間しか与えてもらえません。これは子どもたちのことを考えてとのことらしいです。また、木下が人見知りするから、という理由で顔見知りのスタッフしか使えず、木下とそのスタッフとのスケジュール調整が大変ですね」(雑誌編集者)

 また、別の編集者からはこんな声が。

「撮影スタジオは、都内にある自宅から車で大体20分圏内の距離で探さなければならないんです。彼女と何度か仕事をしたことがあるのですが、だんだんとスタジオ探しが面倒になり、今はいつも同じところになりました(笑)」(別の雑誌編集者)

 さらに、こんな声も聞こえてきた。

「差し入れに彼女の好きなものを用意しなくてはいけない。彼女は手頃で庶民的なものが好きなのですが、やたら品数が多い。毎回、用意するのにひと苦労ですよ」(雑誌編集ライター)

 こんなにも細かく条件を出され、正直、木下を使うのは面倒くさいとみな口をそろえて話すにもかかわらず、なぜ起用されるのだろうか。

「ひと言で言うと“人気がある”からですね。やはり“ママタレ”としての好感度が高く、企業側が使いたいと指名してくるので、テレビや雑誌、広告かかわらず、今後も仕事面は安定でしょうね」(テレビ番組制作関係者)

 夫の稼ぎに頼らず、自分でガッツリ稼ぐ木下。まだまだ“天下”は続きそうだ。

最終更新:2018/01/22 20:30
こんな記事も読まれています

木下優樹菜の“豪腕伝説”がスゴすぎる! 夫・フジモンを尻に敷き、スタッフをコキ使い……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真