日刊サイゾー トップ > 芸能  > 板野友美が初下着挑戦「限界か」

元AKB48の板野友美が“初下着”写真集を発売! 音楽活動低迷で「もう脱ぎ仕事しかない!?」

『Wanderer』(講談社)(画像はAmazonより)

 元AKB48の板野友美が、写真集では初めて下着撮影に挑戦したという『Wanderer』(講談社)を来月発売。未公開のセクシーカットが、26日発売の「フライデー」(同)に掲載された。

「悩殺ランジェリー」とのタイトルが打たれた「フライデー」の袋とじには、黒い下着姿でベッドに座る姿や、胸元が大胆に開いたセクシーなドレス姿などが見て取れる。

 板野といえば、2013年のAKB48卒業直後に発売した『ともちん 板野友美 AKB48卒業記念 写真集』(同)で“ラスト水着”を宣言していたものの、昨年8月発売の写真集『release』(同)で水着グラビアをしれっと再開。お尻を丸出しにしたセクシー写真が話題となった。

「『Wanderer』は、『release』からわずか半年ぶりの写真集で、ついに下着姿にまで露出をアップ。案の定、ネット上では『結局、脱ぐしかないのか』『“安室奈美恵になりたい”って言ってたのに』などと揶揄が飛び交っています。また、一時は“爆乳”と化していた板野ですが、その頃に比べると胸が萎んだ印象。ウワサされている通り、“何か”を抜いたのでしょうか?」(芸能記者)

 また、『Wanderer』発売後の来月28日には、約9カ月ぶりとなるシングル「Just as I am」(キングレコード)をリリース。写真集と楽曲はコンセプトなどが連動しているといい、共に盛り上げていくようだ。

「板野はシングルを出すたびに売上が落ちており、ファン離れが浮き彫りに。前作『#いいね!』の初週推定売上は7,045枚でしたが、特典会イベントでは『人少なくなったな~』『人がまばらで寂しい』と嘆くファンの声も。セクシー写真集の相次ぐ発売には、どうしても落ち目感が漂ってしまいます」(同)

 今年はタレント・久本雅美とダブル主演を務める映画『イマジネーションゲーム』の公開も控えているが……。

「板野は、夫に復讐するブロガー役を演じているとか。しかし、久本と板野という“オワコン”感の漂う2人を起用した同映画に、『ここまでそそらない組み合わせがあっただろうか……』『香ばしい2人』と冷ややかな声も。このままでは、音楽活動のみならず、女優活動も中途半端な印象になりそう」(同)

 脱ぎ仕事を復活させたことで、厳しい状況が垣間見える板野。今後は下着に留まらず、さらに露出度を上げるしかないのだろうか?

最終更新:2018/01/26 19:30
こんな記事も読まれています

元AKB48の板野友美が“初下着”写真集を発売! 音楽活動低迷で「もう脱ぎ仕事しかない!?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真