日刊サイゾー トップ > 芸能  > 中村雅俊の娘が病みすぎで仕事激減

“中村雅俊の娘”二世モデル・中村里砂が精神的ダメージで仕事激減「長時間の撮影は無理」と……

生島企画室公式サイトより

 2010年にモデルとして芸能活動を開始し、その人形のようなルックスで、若い女性からの支持を集めた中村里砂。14年には「父が俳優の中村雅俊、母は女優の五十嵐淳子である」と公表し、その後『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)や『踊る!さんま御殿!!』(同)などの人気バラエティ番組に出演し、16年には映画『少女椿』で主演を務めるなど、知名度を上げていた彼女だったが、最近ではテレビで顔を見ることも少なくなった。その裏に、いったい何があったのか?

「もともと、彼女は人見知りの性格でした。デビュー当初はそれを克服しようと仕事を頑張っていたようです。だが、2年ほど前から、本格的に人と話せなくなり、精神的に不安定な状態に陥り、長時間の撮影が困難になってきたと聞きました」(週刊誌ライター)

 現在では、ファッション雑誌や広告のモデルでしか見かけなくなった中村。「目が怖い」「目頭切開がひどい」など、たびたびネット上で持ち上がった“整形疑惑”も、彼女を追い込んだ一因とみられている。

 また、“芸能人の2世”というだけで中傷被害を受けることも。タレントの石田純一と松原千明の娘であるすみれは、1月30日深夜放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演し、過去にネットで誹謗中傷され号泣したと告白し、「仕事でメンタルがやられてしまう」と語っていた。中村も、すみれのような状態になってしまったのだろうか。

 しかし、周囲はそんな中村を「応援したい」と言っているようだ。中村を知る前出の週刊誌ライターが明かす。

「仕事上で、彼女の悪い評判は聞いたことがありません。モデルとして若い女性から人気が出てもテングにならず、性格もいいようです。現在の精神状態だと、多方面での仕事は難しいかもしれませんが、安定したら少しずつオファーが増えていくでしょうね」

 中村同様、一時仕事量を大きく減らしていたすみれは17年に本格復帰し、現在はテレビに数多く出演している。中村の回復を祈りたい。

最終更新:2018/02/01 22:00

“中村雅俊の娘”二世モデル・中村里砂が精神的ダメージで仕事激減「長時間の撮影は無理」と……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真