日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹内涼真は「おだてないとダメ……」

竹内涼真は「おだてないとダメ……」現場スタッフが明かす“人気若手俳優”の意外な素顔

『竹内涼真』LINE公式ブログより

 2014年に放送された『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で知名度を上げ、17年前期の朝ドラ『ひよっこ』(NHK総合)にも出演。一躍、人気若手俳優となった竹内涼真。ルックスもさることながら、テレビで見せる優しそうな人柄が受けているが、裏ではあまり評判が良くないという。雑誌ライターはこう明かす。

「以前、竹内と仕事をしたことがあるという編集者から聞いた話なんですが、現場入りのときは明るく『おはようございます』と言うそうです。スタッフにもきちんとあいさつするし、『礼儀正しい若者だな』と思っていたらしいのですが、いざ撮影になると『竹内くん!  カッコいいよ~!』『そう、それ! その表情いいね!』など、撮影中に本人をおだてないとダメだそうです」

 竹内は自身のInstagramで上目遣いの自撮り画像を投稿し、「あざとい!」とアンチファンから批判を浴びたことがある。世間から“イケメン”と言われているだけあって、自身もナルシストな一面を持っているようだ。また、別の編集者からはこんな声も。

「ひとつでも本人の気に入らないことがあると、すぐへそを曲げて不機嫌になるから、『正直、面倒くさい』という声を耳にしたことがあります」

 竹内といえば、『オールスター感謝祭2017』(TBS系)に出演した際、東大生とクイズ対決するコーナーにて、出身大学を聞かれ、「あんまりいいとこじゃないんで、言えないです」と回答。それが「自身の出身大学をバカにした」と反感を買ったことも。裏表のないまっすぐな性格と言えば聞こえがいいが、周囲を不快にするほどであれば、それはまた別だ。

 17年7月期のドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)出演から所属事務所の猛プッシュが始まり、同10月期に放送された高視聴率ドラマ『陸王』(TBS系)にも出演。さらに今年は映画『センセイ君主』で主演を務めるなど、その活躍ぶりは若手俳優の中でもNo.1 と言える。しかし、この活躍もメディアが彼を持ち上げてくれたからこそ確立できたはず。もう一度、初心を思い出すべきときではないだろうか。

最終更新:2018/02/06 22:00

竹内涼真は「おだてないとダメ……」現場スタッフが明かす“人気若手俳優”の意外な素顔のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真