日刊サイゾー トップ > 芸能  > 板野の「自然体な私」発言に失笑

板野友美の「自然体な私」発言に失笑!? 下着写真集とCDの“抱き合わせ商法”で売上アップなるか

板野友美の「自然体な私」発言に失笑!? 下着写真集とCDの抱き合わせ商法で売上アップなるかの画像1 28日にリリースされる元AKB48・板野友美の10枚目のシングル「Just as I am」(キングレコード)のミュージックビデオが公開された。

 板野自身が作詞を手掛けたというタイトル曲は、アコースティックギターの音色が印象的なバラード曲。米・ロサンゼルスの大自然の中で撮影されたというミュージックビデオについて、板野は「自然体な私が映像の中に収まっていると思います」とコメント。また、歌詞については、「『今の自分を超え、更なる高みを目指す自分になる』というポジティブな気持ちで書きました」としている。

「『デビュー当時と別人』『顎に異物感』などと、整形疑惑が話題になってきた板野だけに、どうしても『自然体な私』という表現に違和感を抱かずにはいられないものの、今作は写真集との“抱き合わせ商法”をするようですから、CDのセールスも回復が期待できそう」(芸能記者)

 板野は、同シングルとコンセプトを連動させたセクシー写真集『Wanderer』(講談社)を21日に発売。写真集では「初めて下着撮影に挑戦した」といい、先月発売された複数の週刊誌には、セクシーカットが先行掲載された。

「板野のセクシー写真集は、昨年8月に発売された水着写真集『release』(同)以来、わずか半年ぶり。板野は2013年発売の『ともちん 板野友美 AKB48卒業記念 写真集』(同)で“ラスト水着”を宣言していたものの、昨年しれっと撤回。『release』は、本人による“お渡し特典会”で1日に約2,100冊を売り上げ、マスコミは“乃木坂46・白石麻衣の写真集に次ぐペースでのスピード重版”などと報じました」(同)

 前作『release』の好調ぶりに目を付けてか、『Wanderer』は「シングル同時購入(予約)キャンペーン」と題した“抱き合わせ商法”を実施。例えば、写真集5冊を購入した場合、写真集1冊がサイン入りとなるほか、握手、2ショットチェキ、ステッカー3種が特典として付いてくる。だが、写真集5冊とシングルを同時購入した場合は、これらの特典に加え、写真集5冊全てがサイン入りとなり、シングルの販促ポスターまで付いてくるという。

「AKB48卒業以降、板野のシングルの売上は著しく落ちていますから、写真集と抱き合わせるのは得策とも。要は、アーティストとしては限界ながら、脱ぎ仕事への需要はまだ見込めるということ。ただ、これを続けるとしたら、下着姿以上の肌の露出が求められそう」(同)

“自分らしさ”が共通コンセプトだという「Just as I am」と『Wanderer』。板野がAKB48を卒業してまでやりたかったことは、セクシー写真集を出すことだったのだろうか?

最終更新:2018/02/06 23:00
こんな記事も読まれています

板野友美の「自然体な私」発言に失笑!? 下着写真集とCDの“抱き合わせ商法”で売上アップなるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真