日刊サイゾー トップ > 芸能  > 最上もが、でんぱ組と対立激化不可避

年齢の公表をめぐり、最上もがとでんぱ組.incがバトル! 在籍時の恨みは解消せず……対立激化は避けられない!?

最上もが2nd写真集『MOGAMI』(集英社)

 元でんぱ組.incの最上もがが、自身の誕生日である2月25日にツイッター上で「29歳になりました!」とそれまで非公表だった年齢を初めて明かした。すると、今度は最上の元同僚となるでんぱ組.incの夢眠ねむが同じくツイッターで、でんぱ組.incが年齢非公表である理由について、「結成当時の秋葉原ではハンドルネームで交差する際に本名や職業や性別までわざわざ聞くなんて無粋だったわけで」などと説明したのだ。

 年齢を公表するか否かについて、ツイッター上でやりあう形となった、最上とでんぱ組だが、両者の関係は“最悪”だという。アイドル業界に詳しいフリーライターはこう話す。

「でんぱ組がブレークしたのは、“金髪ショートでセクシーなグラビアができる最上もが”というアイコンがいたからこそなんですが、グループ内で最上は明らかに浮いていました。最上も人付き合いがうまい方ではなかったから仕方ない部分もありますが、最上が“ハブられている”というような状況だったのも事実ですね」(以下同)

 ただ仲が悪いだけなら、仕事さえしっかりやっていれば問題ないかもしれないが、実際にはそういうわけでもなかったようだ。

「孤立した最上は、プライベートで派手に遊ぶようになっていたし、さらにはでんぱ組の仕事をすっぽかすこともあったんですよ。最上がやらかした後に、でんぱ組のメンバーが関係者に謝りに行くなんてこともあったようで、グループ内での最上に対する不満は相当なものだったみたいです」

 最終的にメンバーや運営サイドの最上に対する不満が爆発し、脱退ということになった。

「当時のわだかまりは解消されないままですよ。それどころかでんぱ組サイドは、最上がソロで活躍していることを快く思っていない。一方の最上は当てつけのように、でんぱ組時代とは違うベクトルの活動をするでしょうが、その度に現役メンバーが何らかの反応をしていくんじゃないですかね。対立はどんどん激化していくと思います」

 最上とでんぱ組メンバーとのSNSを介したバトルは、まだまだ続きそうだ。

最終更新:2018/02/28 17:00
こんな記事も読まれています

年齢の公表をめぐり、最上もがとでんぱ組.incがバトル! 在籍時の恨みは解消せず……対立激化は避けられない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

 2008年に『キングオブコント』への参加を目指して結成され、結成10年目を迎えるお笑...
写真