日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高橋一生の熱愛、複数に撮られていた

高橋一生の熱愛、複数の週刊誌に撮られていた! 本人は警戒していたつもりも、記者は「完全にザル」

舞プロモーション公式サイトより

 2月27日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)が報じた高橋一生と森川葵の熱愛。記事では、高橋の自宅マンションに森川が合鍵で出入りする様子が伝えられている。また、目深に帽子をかぶった高橋の革ジャン姿の写真も掲載され、ネットでは、そのファッションが「ダサすぎる」などと話題になった。

 さらに、3月1日発売の女性週刊誌「女性セブン」(小学館)も、「FLASH」同様に高橋と森川の交際を報道。同誌にも、やはり同じようなファッションの高橋が掲載されている。

 両誌に似たような写真が掲載されたことについて、事情を知る芸能事務所関係者はこう話す。

「高橋さんは、つい最近都内にマンションを購入したばかりで、どうやらその新居周辺で各週刊誌が張り込みをしていたらしいです。女性が出入りしていることも、各誌は把握していたみたいですね」

 確かに、2月15日発売の「女性セブン」は、高橋がマンションを購入したことを報じており、さらにここでも革ジャンに身を包む高橋の写真が載っている。

「ほとんどの週刊誌が高橋を追っていたということ。まあ、旬の俳優ですからね。『FLASH』や『女性セブン』、『女性自身』(光文社)あたりも熱愛を把握していて、写真も押えていたようです」(同)

 複数の週刊誌が同時にスクープを撮ることは珍しくないという。元週刊誌記者が明かす。

「どの週刊誌も旬の芸能人の熱愛は狙っているので、スクープがかぶることは多い。その芸能人の自宅近くに、違う週刊誌の張り込み用の車が並んで止まっているということもありますよ。ただ、いつ熱愛の証拠写真が撮れるかわからない。そこは人員とお金をかけて長時間張り込みをしている週刊誌がスクープを勝ち取ることになります。今回の高橋の熱愛は、各誌がほぼ同時に写真を撮っていたんだけど、裏取り取材と発売日が早かった『FLASH』が勝ったという感じですね。ちなみに、高橋本人は週刊誌にすごく気を使っていたような雰囲気ですが、記者からすると、完全にザル。全く変装になっていないし、バレバレですよ。急に売れてマンションも買って、ちょっと浮かれてたのかもしれないですね」

 いずれにせよ、高橋の熱愛スキャンダルが発覚するのは時間の問題だったようだ。

最終更新:2018/03/03 08:00

高橋一生の熱愛、複数の週刊誌に撮られていた! 本人は警戒していたつもりも、記者は「完全にザル」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

――ANARCHYがメガホンを執ったことで話題となった映画『WALKING MAN』。彼...
写真