日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 前田敦子、映画で“アノ場面”がカット

元AKB48・前田敦子“女優然”発言も、周囲は忖度ばかり……『探偵BAR3』でカットされた「アノ場面」って!?

前田敦子

「本人は、映像作品を選ぶ際に『自分の中でNOは作らないようにしています』と発言していますが、これに首をかしげる映画関係者は多いと思いますよ。実際、昨年公開された話題作『探偵はBARにいる3』では、彼女のあるシーンが丸ごとカットされてましたからね」(映画関係者)

 2017年は3本の映画に出演し、今年もすでに3本の映画出演が控えている元AKB48で女優の前田敦子。

「3月17日には『素敵なダイナマイトスキャンダル』が公開されました。彼女は主演やヒロインとして数多くの作品に出演してきたものの、いまだにこれといった代表作はありません。興行的な意味のヒット作も、片手で数えられるくらいです。それなのに“女優然”とした発言が多いのは、気になるところですよね」(芸能事務所関係者)

 その『探偵はBARにいる3』は、日本アカデミー賞でも大泉洋が優秀主演男優賞、松田龍平が優秀助演男優賞、北川景子が優秀助演女優賞にノミネートされたが、当然、そこに前田敦子の名前はない。

「助演女優賞を受賞した北川さんですら、受賞に対して厳しい批判の声もあったくらいですから、前田さんの演技については言わずもがなですね。彼女が演じたのは、デートクラブに通う女子大生役で、冒頭から登場するのですが、最初の台本には車内での“口淫シーン”があったんです。ところが、いざ撮影に入ると、すべてカットされていました。製作サイドか事務所サイドかはわかりませんが、彼女に“忖度”したのは間違いありませんね。本当に映画の世界で生きていくのなら、そういうシーンも演じてもらわないと、今後は厳しいかもしれませんよ」(同)

 元トップアイドルのプライドを捨てることができるか――。

最終更新:2018/12/11 15:33
こんな記事も読まれています

元AKB48・前田敦子“女優然”発言も、周囲は忖度ばかり……『探偵BAR3』でカットされた「アノ場面」って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真