日刊サイゾー トップ > 芸能  > 板東英二が“お膝元”名古屋で大暴走!

板東英二が“お膝元”名古屋で大暴走! ラジオ番組続々起用も、関係者は冷や汗……

板東英二公式サイトより

 元プロ野球選手でタレントの板東英二が、またもや「大暴走」しているという。御年78歳の男はいったい、どこへ向かっているのか……。

 中日ドラゴンズを引退後、実業家やタレントとして成功した板東だが、ミソがついたのは、2012年にかつての個人事務所が所得隠しをしていたことが発覚、名古屋国税局から追徴課税を取られたことだった。

 これにより、レギュラー出演していたテレビ、ラジオ番組から一斉に降板。しばらくの間、タレント活動を休止していた。

 その後、タレント時代に世話になった明石家さんまのサポートを受けて、よしもとクリエィティブ・エージェンシーに所属し、再スタート。徐々に地上波のテレビ番組にも復帰している。

 だが、現在もくだんの影響は残っており「在京テレビキー局はもちろん、本業のひとつだったプロ野球解説者としての仕事は激減したまま」(芸能関係者)だというが、なぜかコツコツと増やしているのが、ラジオの冠番組。4月からはこれまでの東京、大阪に加えてプロ野球時代に拠点を置いた名古屋で『板東サンデー』(CBCラジオ)をスタートさせたのだ。

「内容は日曜日の午後に2時間の生放送。基本的には板東のフリートークです」(同)

 ただ、初回から古巣・ドラゴンズにダメ出しするだけでなく「番組出演者を、相当イジリ倒していました」(同)。あまりの好き勝手さに、同局関係者からは「あの番組、大丈夫なのか?」と心配の声も上がったという。

 ただ、経営が逼迫しているラジオ業界において、板東は「かゆいところに手が届く存在」と、むげにできない事情もある。

「いちばんは、自ら営業をかけてスポンサーを見つけてくることでしょう。これは、現在も続いており、実際各局の番組は、複数のスポンサー、あるいは大口の企業が1社で協力しています」(広告代理店関係者)

 こうなれば当然、板東の意向は強くなり「板東さまさま」というスタッフも少なからずいるという。

 ただ、思い起こせば所得隠しの一因もその商魂の強さがあだとなった一面は拭えない。また、いつものように調子に乗っていればそれで失敗しかねないが、果たして……。

最終更新:2018/04/26 12:00

板東英二が“お膝元”名古屋で大暴走! ラジオ番組続々起用も、関係者は冷や汗……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真