日刊サイゾー トップ > 芸能  > 関係者たちが手を焼く芸能人!

ローラは食べ物で仕事を決める!? マスコミ関係者が明かす、女性支持が高い人気芸能人たちの悪態

ローラ

 まずは臼田あさ美。女優として活躍している彼女だが、もともとはストリート雑誌のモデルとしてキャリアをスタート。それでも、女性誌では人気があり、モデルとして雑誌に登場し、ここぞとばかりの笑顔を見せることも。ただ、その裏では、持ち前の天然キャラを爆発させて、雑誌編集者を困らせているようだ。

「撮影中、彼女は突然、『あ~っ肉まん食べたい!』と言い始めて、撮影を一時中断させたことがあります。仕方なくコンビニで肉まんを探したのですが、真夏だったのでまったく見つからず。それでも、必死に探して、なんとかあった肉まんを差し出すと満足したようで、元気に残りの撮影をこなしてくれました(笑)」

 天然な発言にかわいらしさを感じるが、撮影がストップとなれば話は別。「わがままも大概に」としか言いようがない。また、人気モデルの鈴木えみも「あまり評判が良くない」と、カメラマンは明かす。

「すでに“禁煙の撮影スタジオで普通に電子タバコを吸う”という行状が一部で報じられていますが、それよりも彼女の撮影中の態度がすごいんですよね。ある撮影で、撮影準備が整い、担当編集者が『鈴木さんお願いします』と声を掛けたら『はーい』と言うも、一向に椅子から立ち上がろうとしない。その上スマホで自撮りしはじめて……。20分ぐらい撮影がストップしたことがありました。彼女はママなので、撮影時間が事務所側から指定されており、限られた時間内に撮影を終わらせないといけない。そのためスタッフは必死に時間をまこうとするのですが、彼女自身にその焦りは微塵もなく、腹が立ちましたよ」

 マイペースなのは人気モデルだからなのか……。だとしても、周囲の連携を乱すのはモデルとしてありえない行為だ。人気モデルといえば、やっと事務所との契約問題が解決し、再出発したローラにも苦言を呈する声が。女性誌ライターは、こう語る。

「担当した雑誌で初めてローラを撮影した際、用意していたお菓子や食べ物が気に食わなかったようで、再度オファーした際に、マネジャーから『用意された食べ物が本人の気に入らなかったようで、今回は絶対にオーガニックで揃えてください』と言われたことがあります。普通、撮影が優先で用意するお菓子とかは、ほんの心使い程度というのが常識なのに、彼女は用意された食べ物で仕事を決めるのかとびっくりした思い出があります(笑)」

 今は人気があるから大丈夫かもしれないが、悪評ばかりが立つと今後の活動に影響が出てくるかも!? 

最終更新:2018/05/05 10:00
こんな記事も読まれています

ローラは食べ物で仕事を決める!? マスコミ関係者が明かす、女性支持が高い人気芸能人たちの悪態のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真