日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高橋由美子解雇の裏にアノ「呪い」!?

高橋由美子“逆ギレラブホ不倫”解雇の裏に「ショムニの呪い」が!?

『ショムニ 第1シリーズ DVD BOX』(ポニーキャニオン)

 女優・高橋由美子が、4月30日付で所属事務所「コニイ」を退所した。同事務所がこの日までに、公式ホームページで専属マネジメント契約の終了を報告。「高橋由美子への変わらぬご声援のほど、何卒とぞよろしくお願い申し上げます」としている。

 高橋といえば、3月15日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で妻子ある40代前半の実業家男性と都内のラブホテルに入る様子をキャッチされた。

 同誌の直撃に、高橋は「飲み友達」と不倫を否定し、ホテルに出入りする決定的な写真を撮られてもなお「それがお付き合いしてることになりますか? あなたたちが思っていらっしゃるホテルに入ったってことが、本当かどうかはちょっと私もヤブサカではありませんので、肯定も否定もしないです」と、記者に逆ギレしてみせた。

「このあたりの気性の荒さが、高橋さんたるゆえん。所属事務所は円満退社を強調していますが『もう手に負えない』とサジを投げたのが真相です。高橋さんも高橋さんで『長年貢献してきたのに、クビにされた!』と怒り心頭。早くも別の事務所に営業をかけまくっているそうです」(スポーツ紙記者)

 不倫相手の実業家男性は報道直後に会社の経営が悪化し、自己破産。高橋としてはつながるメリットを失ったため、すでに距離を置いているという。

 そんな中、業界でウワサされているのは「『ショムニ』の呪い」だ。『ショムニ』といえば1998年にスタートしたフジテレビの人気ドラマシリーズで、高橋も主要キャストとして名を連ねているが……。

「主演の江角マキコさんは長嶋一茂邸への落書き事件の関与が疑われたまま、昨年1月に芸能界を引退。同じく出演していた宝生舞さんも音信不通となり、そのまま芸能界をフェードアウトしました。キャストを一新して2013年7月より放送された『ショムニ2013』に出演したベッキーには、その後、ゲス不倫報道が飛び出しました。そこへ新たに高橋さんの件も加わったわけですから……。業界では『ショムニの呪いだよ』という声が上がっています」(同)

 高橋も、このまま消えてしまうのか……?

最終更新:2018/05/09 10:00
こんな記事も読まれています

高橋由美子“逆ギレラブホ不倫”解雇の裏に「ショムニの呪い」が!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーCM、なぜ素晴らしい?

 まだまだラグビーW杯は続くのに、日本の敗戦と...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...
写真