日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大谷翔平を応援する川口春奈の自由さ

女優・川口春奈のMLB観戦報告に「メンタル強すぎ」と称賛の声

川口春奈の公式インスタグラム(@haruna_kawaguchi_official)より

 5月17日に女優の川口春奈がInstagramを更新。MLBで大谷翔平の試合を観戦する写真が投稿されたのだが、ネット上では案の定「この人も大谷翔平狙いか……」「大谷翔平と関わるな!」といった声が相次いだ。

 川口は「やっとこさ、、、大谷選手に会いに来ました」というコメントと共に4枚の写真を投稿。うち3枚はスタジアムの観客席で撮影されており、大谷が所属する「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」のユニフォームに身を包んでいる。

 ユニフォームの背番号は大谷と同じ17番。さらに彼女はロサンゼルス・エンゼルスの赤いキャップも被っているのだが、ここにも「大谷翔平」という文字が施されていた。まさに“フル装備”で試合観戦に臨み大谷に歓声を送ったようなのだが……。

「メジャーに挑戦する以前から、大谷に近づいた女子アナなどには容赦ないブーイングが浴びせられていました。代表例としては、宮司愛海や久慈暁子、加藤綾子といった面々が挙げられるでしょう。まして最近はメジャーで現地紙も絶賛するほどの活躍を見せており、大谷フィーバーは益々過熱。当然“大谷に会いに行った”と公言した川口には、『日本の宝である大谷に必要以上に近づかないで!』『下心が見え見え』『行動が露骨すぎる』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 一方でネット上では、「このタイミングで『大谷に会いに来た』って宣言出来るのは逆にすごい」「メンタルが強すぎない?」「叩かれるのはわかってるだろうに… 勇気あるなぁ」と称賛する声も寄せられていた。

「今回のインスタ投稿で叩かれることは川口も最初からわかっていたと思いますが、彼女自身あまり気にしていないのでしょう。元々川口はあまり“大衆ウケ”を重視しない傾向があり、バラエティー番組などでも明け透けなトークが好評。例えば『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』では、“入浴時に一人で結構しゃべる”“阿部寛と鬼ごっこをする夢を見る”といった不穏なプライベートを明かしていました。一部からは『病んでる』とも指摘されていますが、そのような突飛な言動も彼女の魅力の1つなのでしょう」(同)

 きっと大谷の試合も“見たかったから見に行った”というだけのことなのかも。今後も川口には“自由すぎる言動”で飾らない姿を見せてもらいたい。

最終更新:2018/05/18 19:00
こんな記事も読まれています

女優・川口春奈のMLB観戦報告に「メンタル強すぎ」と称賛の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真