日刊サイゾー トップ > 芸能  > “真面目”になった女子アナたち

スキャンダル激減! 出会いが“真面目”になった女子アナたちと、どこで出会えるのか

※イメージ画像

 近年、ド派手な披露宴や有名人との交際、結婚の話題が激減した女性アナウンサー。才色兼備でモテる職業の彼女たちは今、何を考えているのか?

「みんな、真面目になった。それだけのことですよ」

 アラサー女子アナのAはこう答える。地方の有名女子大を卒業し、テレビ局にアナウンサーとして入社。学生時代にテレビの向こう側で見ていた女子アナたちは「キラキラ輝いていた」というが、いざ自分がなってみれば、現実は違ったという。

「正直、地味な人が多いなという印象。衣装、美容などにもお金がかかるし、かといってそれに比例して給料が高いかといえば、そうでもない」

 以前は高給取りとされていたキー局、在阪準キー局も「給料水準こそまだ高いけど、ここ10年でだいぶ目減りしている。そこで働く同期に聞いても、結局『お金がない』って嘆いている子は多い」(同)という。

 ここ10年で最も変わったのが、女子アナと男性たちとの「出会い」だろう。

「先輩たちはスポーツ選手、芸能人と、派手に合コンに繰り出していたけど、今はアナウンサーでも対人恐怖症みたいな子もいるんです。あと、堅実な子も増えましたね。思い返せば、生まれてからずっと世の中は不景気で、お金の使い方を知らないというか……。使わずにためておけ、というのが今の風潮だと思います」(同)

 金も使わず、派手に遊ばないとなれば当然、マスコミの話題にも上がりにくくなる。反対に、以前のように派手な生活をしていると「後ろ指をさされる風潮さえある」(同)というのだから、なんとも生きにくい世の中になったといえる。

 そんな夜の街に出なくなった女子アナたちと、どこでなら出会えるのか?

「これはいろんなパターンがあると思いますが」と断りつつ……

「まずは、そのエリアで美味しいと評判の飲食店。また、個室でおしゃれな居酒屋に出没しますよ。東京なら六本木、西麻布、赤坂には行かなくなったと思います。単純に料金が高いからです(笑)。半面、大門や大井町などの下町っぽいエリアでの飲食が増えていると思いますね」(同)

 一般人男性にとっては、出会えるチャンスは以前よりも“上がった”ということだろう。

最終更新:2018/05/21 15:00

スキャンダル激減! 出会いが“真面目”になった女子アナたちと、どこで出会えるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真