日刊サイゾー トップ > 芸能  > 佐藤仁美が激怒した「わがまま女優」

佐藤仁美を激怒させた「わがまま女優」は佐藤江梨子で確定!? 急に“攻撃”し始めたワケは……

「唯一、嫌いな人です」

 女優の佐藤仁美が5月18日に放送された『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に出演。番組でイラっとする同業者について聞かれ、「撮影中に勝手に帰っちゃう女優さん」と、過去にわがままな女優がいたことを明かした。

 佐藤によれば、かなり遠方の山奥のロケでその日に撮影を行わないと困る状況下で、佐藤より年下の女優が台本を見て「これケガしたらどうすんの~」と帰ってしまったのだという。

「佐藤は『何様だよって』と憤り、MCの上沼恵美子のそんな女優は活躍しないという言葉に『それが、たまーにCM出てるんですよ』と舌打ち。『まあ、○○なんですけどね』と実名を口にしたところで、画面には『女優S』というテロップが映りました。名前を聞いた上沼も『ちょっと生意気よね、力ないのに』『伸び悩んで終わったやんか。性格かな』と納得した様子でしたね」(テレビ誌ライター)

 番組を観たネット民たちは、すぐに「女優S」探しに奔走。佐藤と共演した年下女優の中から浮上したのは佐藤江梨子、沢尻エリカ、佐久間由衣の3人。そして、ついに一人に絞られたという。

「サトエリでほぼ特定されているようですね。佐藤とは2012年に放送された『走馬灯株式会社』(TBS系)で共演。同作は山奥の廃墟がロケ地でした。縛られた状態で、佐藤に練炭自殺に見せかけて殺されそうになるサトエリが、体当たりでドアを壊すシーンがあるのですが、ドアを壊す場面はドアのアップでごまかされていました」(同)

 ○○という言い方は名前に愛称があるように受け取れ、「サトエリ」ならピッタリ。彼女はDHC「フォースコリー」のCMに出演中なので、こちらも合致している。

「4月21日放送の『おしゃべりオジサンとヤバイ女』(テレビ東京系)でも、佐藤は同じ内容のことを話しています。そこではさらに詳しく『突き飛ばしてくるシーンで本気で突き飛ばされて頭を打った』『胸につかみかかってくるシーンでリハーサルからアザができるほどマジつかみされた』『“センパイ台詞覚えてくださいよ”と煽ってくる』など恨み節を語っていました。よほど根に持っているのでしょう」(芸能ライター)

 同じ苗字、さらには「ライザップ」でサトエリにも負けないメリハリボディを身につけたことで、佐藤の闘争心に火がついたのだろうか!?

最終更新:2018/05/21 23:00
こんな記事も読まれています

佐藤仁美を激怒させた「わがまま女優」は佐藤江梨子で確定!? 急に“攻撃”し始めたワケは……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真