日刊サイゾー トップ > 芸能  > 被害者面をやめない矢口真里

矢口真里が「世間が全員敵でも唯一の味方だった」 不倫相手について語り、ツッコミ続出

矢口真里 公式インスタグラム(@mariyaguchi_official)より

 AbemaTVオリジナルで放送されている『若イッテンモノ』に矢口真里が出演。再婚相手の男性について語り、物議を醸している。

 矢口は今年の3月に元モデルの一般男性と再婚。この男性は矢口が不倫騒動を起こした時の相手と言われており、騒動後も順調に仲を深めていったようす。実に4年に渡る交際のすえにゴールインとなった。

「AbemaTIMES」の記事によると、子作りについて聞かれた矢口は「子どもは作りたいと思っているんですけど、もう今の彼と4年以上いるので夜の営みも減りますし……」と回答。既にアツアツの時期を通り越して、落ち着いた関係になっているようす。

 一方で「もし浮気されたら?」と聞かれると、矢口は厳しい言葉を口に。「本当に過酷な茨の道を歩んできたので、浮気は本気になっちゃうと思うんです。だから1回許すという域には、多分ならないと思う。私よりもいい人を見つけちゃったんだなと思って…… 別れると思います」「世間も全員敵だったような中で唯一の味方だったから、ここで裏切るとなったらそれは本気だと認めるしかない」と語っていた。

「ネット上では、“茨の道”“全員敵”“唯一の味方”という言葉に引っかかる人が続出しています。『世間が敵……自業自得なのに何を言ってるんだか』『なんで被害者ぶってるの? 夫は味方じゃなくてただの共犯者ですよ』『自ら突っ込んだのに茨の道って言い方おかしいだろ。夫との話も美談みたいにしてて気持ち悪い』『共犯者の男を“味方”か。どっからツッコんでいいのかわからない』などの声が上がっていました」(芸能ライター)

 再婚をした際に矢口が発表したコメントにも、ツッコミが殺到していたことが。

「3月26日、矢口は自身のブログに『一度結婚に失敗している私のことを受け入れてくれた彼、そして彼のご家族に心から感謝の気持ちでいっぱいです』と綴って入籍を発表。すると『その彼のせいで結婚に失敗したのに何言ってるの?』『失敗の原因は彼じゃん』といった声が上がることに。4月に放送された『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、泉ピン子も『おかしくない? 「一度結婚に失敗している私のことを」って。自分が彼とやったんだからさ。これおかしいだろ、文面が』とツッコミを入れています」(同)

 バラエティ番組では抜群の嗅覚で空気を読むが、自身の結婚の話題では世間と大きくズレてしまう矢口。再び地上波で大活躍する時はくるのだろうか。

最終更新:2018/06/29 16:30
こんな記事も読まれています

矢口真里が「世間が全員敵でも唯一の味方だった」 不倫相手について語り、ツッコミ続出のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真