日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > W杯日本の“本当の問題”とは?

【サッカーW杯】ポーランド戦の裏に隠された日本代表の“本当の問題”とは?

写真:JFA/アフロ

 日本代表が、サッカーW杯ロシア大会のグループステージを突破した。

 グループリーグ最終節のポーランド戦は0-1で敗れたものの、同じ時刻にキックオフした同組のコロンビア×セネガル戦で、1-0でコロンビアが勝利。日本とセネガルの勝ち点と得失点差と当該対戦成績が並ぶ形になったが、フェアプレーポイントで上回った日本がラウンド16に進出した。

 だが、その切符を手にしたポーランド戦の残り10分の日本のパフォーマンスに、世界中から非難の声が上がっている。

 ポーランド戦の80分以降、日本はコロンビアがセネガルに1-0でリードしているという情報から、攻めるのを止めて時間稼ぎのパス回しに終止した。当然、リードしているポーランドも無理にはボールを奪いに来ないため、無気力試合感が漂い、スタジアムにはブーイングが溢れた。試合を楽しみにチケットを購入した層の怒りが爆発し、「二度と日本の試合は観ない」という声まで上がったほどだ。

 とはいえ、勝ち点を計算した“忖度試合”は過去にもあったし、日本は最初から談合試合を行ったわけではない。トーナメントに向けて休ませていた乾貴士を投入するなど80分まで死力を尽くし、以降はグループステージ突破への最善の方法を選択しただけである。

 しかし、その西野朗監督の選択に対し、「もしセネガルが追いついていたらどうするのか? 無気力試合でW杯を去ることになっていたのでは?」と疑問を呈する声もある。プロのサッカーコーチたちはどのように見たのか?

「忘れてはいけないのは、このグループは実力的にコロンビアとポーランドのグループだったということです。コロンビアはポーランドに3-0で圧勝しています。そんなコロンビアが残り10分でセネガルに同点に追いつかれる可能性と、日本がポーランド相手に得点を奪いにいってカウンターを受けて失点する可能性。この2つを天秤にかければ、明らかに後者の方が高い確率です。となると、日本はコロンビアが勝つことを想定し、ポーランド相手にこれ以上失点せずに0-1で終わらせるのが最善の策です。この策を批判している人たちこそ、コロンビアの強さを理解できていないのではないかと思います」

 だが、サッカーコーチたちは、ポーランド戦の戦い方よりも気になったことがあると口を揃える。それはグループリーグを突破した後のトーナメント表だ。

 日本のグループHの1位は、グループG2位のイングランド、Hの2位は1位のベルギーとぶつかる。どちらも強豪国で、日本がグループを何位で突破しようとなんら変わらないように思うが、そうではないという。

「問題はラウンド16を突破した後なんです。日本がグループ首位突破していれば、ベスト8であたるのは、スイスかスウェーデンです。両チームとも、拮抗したグループとトーナメントを戦った後で、疲労感もある。日本が勝つチャンスは充分にあります。ですが、2位で突破になった日本は、ベルギーに勝ったとしても、次にブラジルかメキシコとあたる。こちらは、かなり厳しい。つまり、日本が1位突破していれば、夢のベスト4だってありえたんです。ポーランド戦で、日本が首位突破を意識しているようには見えなかった。日本の目標は現実的にベスト8ということでしょう」(同)

 世間ではポーランド戦の80分以降の日本のパフォーマンスにブーイングが上がっているが、サッカーの現場からはベスト8以降を考えていないように映ったマネジメントに疑問の声が上がっていたようだ。
(文=TV Journal編集部)

最終更新:2018/06/29 21:15
こんな記事も読まれています
関連キーワード

【サッカーW杯】ポーランド戦の裏に隠された日本代表の“本当の問題”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真