日刊サイゾー トップ > 芸能  > ビッグダディ三女に、芸能関係者落胆

ビッグダディ三女・林下詩美が女子プロレス入りで、芸能関係者落胆「接触を図った関係者も……」

女子プロレス団体「スターダム」公式Twitter(@wwr_stardom)より

 テレビ朝日系の大家族ドキュメンタリー番組『痛快!ビッグダディ』で人気を博し、一時はタレント活動もしていた“ビッグダディ”こと林下清志の三女・林下詩美が5日、女子プロレス団体・スターダムのプロテストに合格した。この報に、彼女に注目していた芸能関係者は落胆の色を隠せないという。

 ビッグダディファミリーは大のプロレスファンで、ビッグダディ自身、2013年9月14日に青森で開催された『AOMORI ROCK FESTIVAL’13』でデビューを果たしたほどのプロレス好き。その影響で、子どもたちもプロレスに強い興味を抱いていた。

 詩美は中学卒業後、姉で次女の柔美さんと共に、幼少期を過ごした鹿児島県奄美大島の高校に入学。昨年3月に卒業後は上京し、飲食業界で働いていたが、今年3月より、女子プロレスラーを目指し、トレーニングを続けていた。

 ビッグダディの娘といえば、13年9月、写真週刊誌「FLASH」(光文社)で、詩美、柔美さん、四女・都美さんの3人でグラビアデビュー。袋とじで、セクシーなビキニ姿を披露し、話題を振りまいたことがあった。

「その際に最も注目を集めたのが、“美少女”だった詩美です。巨乳の柔美さんのダイナマイトボディも目を引きましたが、ルックスのいい詩美に、芸能プロ関係者も熱視線を送っていました。実際に接触を図った関係者もいたようです。“ビッグディの娘”として売り出すこともできますから、話題性は抜群。芸能界の門を叩いてくれればよかったのですが、まさかの女子プロレス入りに、肩を落とした芸能関係者もいるようです」(芸能プロ関係者)

 ビッグダディの子どもがプロレス界入りするのは、実はこれが2例目。14年4月に、高校を中退した源志さんが、ザ・グレート・サスケ率いるみちのくプロレスに入門したものの、わずか2カ月弱で退団した。

「練習の厳しさもさることながら、源志さんはメンタルが弱かったと聞きました。ひとことで言えば、“父親依存症”。ビッグダディがそばにいない中で、寮生活、トレーニングに耐えるのには無理があったようです」(プロレス関係者)

 詩美は高校生の間も卒業後も、父と離れて生活していただけに、さすがに独立心はあるだろう。スターダム・ロッシー小川社長からは、8月12日の後楽園ホール大会での早期デビューを命じられた詩美。プロレス界入りした以上は、無事デビューを果たして、スター選手を目指してほしいものだ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/07/09 20:00

ビッグダディ三女・林下詩美が女子プロレス入りで、芸能関係者落胆「接触を図った関係者も……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真