日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大竹まこと入院で、ラジオ降板が再燃

大竹まこと入院……『ゴールデンラジオ』再休養で「降板危機」が再燃中

文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ』番組サイトより

 19日、タレントの大竹まことが腰痛治療のために都内の病院へ入院。レギュラー出演する『ゴールデンラジオ』(文化放送)を約2週間、休養することが判明した。

 大竹は腰椎分離症で、自宅療養のため6月に番組を休んだばかり。その後、7月2日に復帰していた。今回も、病院と放送局を往復して難を乗り越えようとしたが、入院が決まったため、あえなく欠席することが決まってしまった。番組の進行役は基本的にレギュラー出演者が対応する予定だという。

 だが、お笑い関係者は「これだけ短期間に何度もレギュラー番組を休んでは、周囲から『もうダメなのかも……』という話は必ず出てくる。特に、間が悪いのは6月の聴取率週間にかぶってしまったこと。2カ月に1度、在京ラジオ局は『スペシャルウィーク』などと称して聴取率を計っており、これが番組の継続や打ち切り、営業におけるスポンサーへの貢献度などの資料にもなる。そこに“主役”が不在なわけですから、聴取率が落ちる可能性もありますし、反対に上がったら『大竹不在でも大丈夫じゃないか』という話になる。どちらに転んでも、話がややこしくなるのは避けられない」と話す。

 6月に休んだ際はNHKからフリーになった有働由美子が同番組に出演するなど、注目度の高いゲストをキャスティングしていただけに、今回の入院が「降板危機」の引き金にならないことを祈るばかりだ。

最終更新:2018/07/28 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

大竹まこと入院……『ゴールデンラジオ』再休養で「降板危機」が再燃中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真