日刊サイゾー トップ > 芸能  > 福士蒼汰は「映画界の死神」?

『BLEACH』大爆死の福士蒼汰は「映画界の死神」?“大根イケメン四天王”でも最弱か

映画『BLEACH』オフィシャルサイトより

“実は人気がない”説は本当だった?

 山下智久主演の映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が、興収10億9,600万円を記録し、週末興行成績ランキングで1位を獲得した裏で、もうひとつの注目映画が大惨事となっていた。

 福士蒼汰主演の『BLEACH』だ。

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた人気漫画が原作で、福士演じる高校生の黒崎一護が“死神代行”となり悪霊と戦うストーリーだが、関係者の心境はまさに“死にかかっている”状態だろう。

「同作は、『ジャンプ』創刊50周年記念事業の一環として製作されており、『コード・ブルー』と同規模全国の328館で公開されています。しかし、初週の土日興収は1億3,500万円と“爆死”スタート。そして2週目も数字を伸ばすことなく、5位に転落。このまま圏外になりそうな雲行きです。悪霊との戦いが見どころとあって、大規模なセットや最新鋭のCGを駆使するなど、巨額の予算が投じられているのですが、この出足だと大赤字確実でしょうね」(映画ライター)

 主演の福士といえば、2011年に『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)の主人公でブレークし、イケメン人気俳優として注目を浴びた。しかし、主演ドラマが相次いで爆死するなど、いまだこれといった代表作も出ていない。

「昨年は映画『無限の住人』『ちょっと今から仕事やめてくる』に、今年は『曇天に笑う』『ラプラスの魔女』に出演していますが、いずれも不調に終わっています。そのため、関係者の間では『映画界の死神』という不名誉な呼び方までされていますよ。2~3年前には向井理、東出昌大、山崎賢人と共に“大根イケメン四天王”とネット民に揶揄されていましたが、ほかの3人に比べると演技力の成長が乏しいように思えます」(同)

 福士は10月にも主演映画『旅猫リポート』の公開が控えているが、果たして「死神」の汚名を返上することはできるだろうか?

最終更新:2018/08/03 08:00
こんな記事も読まれています

『BLEACH』大爆死の福士蒼汰は「映画界の死神」?“大根イケメン四天王”でも最弱かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真