日刊サイゾー トップ > 芸能  > 福士蒼汰は「映画界の死神」?

『BLEACH』大爆死の福士蒼汰は「映画界の死神」?“大根イケメン四天王”でも最弱か

映画『BLEACH』オフィシャルサイトより

“実は人気がない”説は本当だった?

 山下智久主演の映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が、興収10億9,600万円を記録し、週末興行成績ランキングで1位を獲得した裏で、もうひとつの注目映画が大惨事となっていた。

 福士蒼汰主演の『BLEACH』だ。

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた人気漫画が原作で、福士演じる高校生の黒崎一護が“死神代行”となり悪霊と戦うストーリーだが、関係者の心境はまさに“死にかかっている”状態だろう。

「同作は、『ジャンプ』創刊50周年記念事業の一環として製作されており、『コード・ブルー』と同規模全国の328館で公開されています。しかし、初週の土日興収は1億3,500万円と“爆死”スタート。そして2週目も数字を伸ばすことなく、5位に転落。このまま圏外になりそうな雲行きです。悪霊との戦いが見どころとあって、大規模なセットや最新鋭のCGを駆使するなど、巨額の予算が投じられているのですが、この出足だと大赤字確実でしょうね」(映画ライター)

 主演の福士といえば、2011年に『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)の主人公でブレークし、イケメン人気俳優として注目を浴びた。しかし、主演ドラマが相次いで爆死するなど、いまだこれといった代表作も出ていない。

「昨年は映画『無限の住人』『ちょっと今から仕事やめてくる』に、今年は『曇天に笑う』『ラプラスの魔女』に出演していますが、いずれも不調に終わっています。そのため、関係者の間では『映画界の死神』という不名誉な呼び方までされていますよ。2~3年前には向井理、東出昌大、山崎賢人と共に“大根イケメン四天王”とネット民に揶揄されていましたが、ほかの3人に比べると演技力の成長が乏しいように思えます」(同)

 福士は10月にも主演映画『旅猫リポート』の公開が控えているが、果たして「死神」の汚名を返上することはできるだろうか?

最終更新:2018/08/03 08:00

『BLEACH』大爆死の福士蒼汰は「映画界の死神」?“大根イケメン四天王”でも最弱かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

インタビューまとめ

 新年あけましておめでとうございます! ゴシップサイトとして名を馳せる日刊サイゾーで...
写真