日刊サイゾー トップ > 芸能  > 古舘伊知郎がフジテレビから消える?

古舘伊知郎、早くもフジテレビから消える? “三顧の礼”で迎えてから、わずか2年弱……

フジテレビ系『モノシリーのとっておき』公式サイトより

 古舘伊知郎が、秋の改編でフジテレビから消えることになるようだ。というのは、古舘が司会を務める『モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~』が、9月いっぱいで終了するからだ。後番組は、すっかり“フジの顔”となった坂上忍の新番組『坂上どうぶつ王国(仮)』となる。

 古舘は2016年3月をもって、12年間にわたってメインキャスターを務めた『報道ステーション』(テレビ朝日系)を降板。その後、“三顧の礼”を尽くし古舘を迎えたのがフジだった。同11月より、フジは日曜ゴールデン帯の2時間番組『フルタチさん』、火曜深夜の『トーキングフルーツ』と、古舘のレギュラー番組を2つスタートさせた。

 しかし、『フルタチさん』はゴールデン帯で視聴率5%割れを記録するなど低迷(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。鳴り物入りで放送開始したものの、フジは手のひら返しで早期打ち切りを模索、これに古舘サイドが猛反発した。

 結局、17年9月で打ち切りとなったが、その交換条件として、同11月からスタートしたのが、『モノシリーのとっておき』だった。

 同番組は、『フルタチさん』に引き続き、アシスタントに“女子アナエース”の山崎夕貴を起用するなど、フジも最大限の配慮をしたが、視聴者には届かず、初回から5.2%と爆死。第2回では4.2%と早くも5%割れするなど、低迷していたが、ついに打ち切りが決まった。

 古舘のもう一つの番組『トーキングフルーツ』は今年3月で終了しており、新番組が始まらない限り、古舘のフジでのレギュラー番組はゼロになる。

 フジは“三顧の礼”を尽くして古舘を迎え入れたはずだが、もはや需要自体がないのか、両者の関係はわずか1年10カ月で終了することになりそうだ。

 このほか、現在古舘は、NHK総合『ネーミングバラエティー日本人のおなまえっ!』、テレビ東京系『おしゃべりオジサンとヤバい女』と2つのレギュラー番組を持っているが、一連の経緯により、フジからは消えることになりそうだ。

(文=田中七男)

最終更新:2018/08/08 08:00
こんな記事も読まれています

古舘伊知郎、早くもフジテレビから消える? “三顧の礼”で迎えてから、わずか2年弱……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真