日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジ女子アナが人気回復へ“テコ入れ”

フジ女子アナの「アイドル化」は成功する? 夏フェス出演は人気回復への“テコ入れ”か

「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」公式サイトより

 フジテレビの女子アナウンサーで結成されたグループ「お台場ワンガン娘’18」が今月26日に人気夏フェス『a-nation 2018』に出演する。

 新人の杉原千尋アナと入社3年目の永尾亜子アナに加えて、堤礼実アナと“ユミパン”で知られる永島優美アナの4人がメインボーカルを務め、倖田来未がカバーしプチブレイクしている楽曲を活用した「め組のひと~お台場ワンガン娘ver.~」を披露する予定だ。

 女子アナウォッチャーは「これまで、自社の夏イベントで当時、局アナだった高橋真麻が連日、朝から歌を披露したり、女子アナがCDをリリースするなど、何かとタレント性を求める動きがありましたが、ここまで大きな動きは久々ではないでしょうか」と分析する一方で「新たな“タレント”になり得る人物を早く発掘したいのでしょうね」とみている。

「フジの場合は“ミタパン”でブレイクした三田友梨佳アナも31歳となり、20代で世間が知っている女子アナが育っていないのが致命傷。これまで、あの手この手でやってきたと思いますが、それでも育たず、ようやく出てきたのは、こちらも30代の山崎アナだった(笑)。視聴者の年齢層が上がっているとはいえ、若手を育てないといつかツケが回ってきますから。今回、選ばれた4人は特にフジを背負わせたいという思いが局サイドには強いのでしょう。ただ、女子アナの夏フェス出演が話題になるかは別の話ですけどね」(同)

 女子アナへの露骨な“テコ入れ策”は成功するのか。

最終更新:2018/08/10 22:30

フジ女子アナの「アイドル化」は成功する? 夏フェス出演は人気回復への“テコ入れ”かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真