日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『報ステ』徳永アナに局内紛糾必至か

『報ステ』徳永有美アナ起用も、根強い“不倫アレルギー”論……局内紛糾は必至か

徳永有美 公式サイトより

 平日夜に帯で放送しているニュース情報番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)で2011年4月からサブキャスターを務めている小川彩佳アナウンサーが、9月いっぱいで降板する。新たに10月からは同局出身でフリーアナウンサーの徳永有美アナをキャスターに据えるという。前身の番組でスポーツを担当していた経歴を持つ徳永アナは同時間帯13年ぶりの復帰となる。

 そんな徳永アナといえば、同期入社のテレ朝社員A氏と2001年にゴールイン。ところが、ウッチャンナンチャンの内村光良と泥沼不倫に陥り、レギュラーを務めていたニュース情報番組『スーパーモーニング』とバラエティー番組『内村プロデュース』を相次いで降板。03年9月にA氏と協議離婚が成立。その後、内村と再婚して、2人の子どもを出産するに至った。

「いまだに、社内では不倫離婚した徳永アナにアレルギーを持っている人が多いのは事実。その一方で徳永アナのアナウンススキルや進行技術は卓越しており、高く評価している上層部が多いのも事実です。今回の『報道ステーション』起用は、キャスティング権のある番組編成筋に当時から徳永アナの実力を認めている人物がいたからだとウワサされていますよ」(テレビ局関係者)

 徳永アナは協議離婚する際に、都内のマンションををA氏に譲ったほか、残っていたローンもすべて支払ったという。

「キャスターをする以上、ニュースを読み、番組を通じて、時には権力を持っている取材対象にも深く切り込み、責任追及もしていかないといけません。泥沼の不倫劇を経験した人間が果たしてそういう役目をすることにふさわしいのか。倫理観が欠落したアナにニュースを読ませていいのか、これから議論が巻き起こりそうです」(同)

 徳永アナを迎え10月からリニューアルする『報道ステーション』はどうなるのか。果たして。

最終更新:2018/08/13 08:00
こんな記事も読まれています

『報ステ』徳永有美アナ起用も、根強い“不倫アレルギー”論……局内紛糾は必至かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...
写真