日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹内涼真は「金を生まない俳優」!?

竹内涼真、主演映画『センセイ君主』が大苦戦 「金を生まない俳優」のレッテルが貼られそう!?

映画『センセイ君主』公式サイトより

 主演映画『センセイ君主』が8月1日に公開された竹内涼真。公開後最初の土日となる8月4・5日の国内映画ランキング(興行通信社発表)では、初登場9位と、ヒットと呼ぶにはかなり寂しい結果となった。

「竹内にとって、仮面ライダー以外の映画では『センセイ君主』が初主演作。100前後の媒体に登場するなど、プロモーションにも相当気合を入れて取り組んでいたことを考えると、残念な結果と言わざるを得ません」(映画関係者)

 2017年のNHKの朝ドラ『ひよっこ』や日曜劇場『陸王』(TBS系)の出演で一気に知名度を上げた竹内。今年のW杯ロシア大会ではTBSのスペシャルサポーターとなり現地取材に赴くなど大活躍中だが、満を持しての主演映画がコケてしまったことで、周囲もざわつき始めそうだ。

「竹内の所属事務所であるホリプロとしては、妻夫木聡以来の売れっ子俳優にするべく、かなり計画的に育成をしてきました。そのおかげもあって、実際に10代の女性からの支持率がかなり高いのは事実。『センセイ君主』もそれなりにウケているようですが、ランキングに反映されないと、どうしようもない。いくら若い女性に人気があっても、映画業界的には“竹内では客を呼べない”“竹内は金を生まない俳優”というイメージが植え付けられてしまうわけです。ホリプロも、まさかの結果に焦っているのではないでしょうか」(同)

 自由に使えるお金があまり多くない10代の女性がメインターゲットとなると、ビジネスも難しくなるということだ。ある芸能ライターはこう話す。

「例えば、ジャニーズとかイケメン声優とか、ファン層がオタクであれば、若くてもそれなりにお金を使ってくれるのですが、竹内の場合は、ごく一般的な女の子がメインのファン層ですからね。SNSなんかで人気があっても、彼女たちがお金を使うかどうかはまた別の話。そういう意味では、映画の世界よりも、タダで観られるテレビドラマを主戦場にするべきだと思います」

 ここまで順調にきていたのに、いきなり壁にぶち当たってしまった竹内。『センセイ君主』で悪いイメージがつき、仕事が減らなければいいが……。

最終更新:2018/08/13 10:00
こんな記事も読まれています

竹内涼真、主演映画『センセイ君主』が大苦戦 「金を生まない俳優」のレッテルが貼られそう!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真