日刊サイゾー トップ > 芸能  > 市來玲奈アナの『行列』抜擢は…

市來玲奈アナの『行列』抜擢は“ポスト水卜麻美”より“プロ野球選手避け”施策だった?

日本テレビアナウンス部公式サイトより

 元乃木坂46でこの春に日本テレビに入社した市來玲奈アナウンサーが、10月より『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)のアシスタントに就任することがわかった。

 同番組は「法律」の名前がついているものの、現在は旬のタレントをそろえたトークバラエティ番組になっており、芸能界を引退した島田紳助に代わって、現在は東野幸治がMCをつとめている。人気番組への新人アナの抜擢には、どのような背景があるのだろうか。

「やはりポスト水卜麻美アナを育てたい意向が働いているといえるでしょうね。水卜アナは日テレの看板アナですが、たびたびフリー転身がささやかれており、退社は秒読みといわれています。水卜アナに続く、バラエティもこなせるアナウンサーを目指し市來がキャスティングされたのでしょう。『行列』はアドリブ力が求められる番組であり、かなりハードですが、修業の場としては相応しいといえます」(放送作家)

 市来アナは、ニュースキャスターというよりはバラエティ対応メインの近年の女子アナのスタイルを歩むのだろう。さらに、この配置にはもうひとつの目的も透けて見える。

「プロ野球選手から遠ざけることですね。女子アナとプロ野球選手は結婚の組み合わせの定番ですが、これは取材を通して知り合うケースが圧倒的に多い。お互いに仕事が不規則かつ特殊なので、出会いの場がないためです。新人アナの登竜門といえるスポーツアナに市來が起用されないのは、プロ野球選手と出会い早期の寿退社となって欲しくない日テレ側の意向も感じられますね」(同)

 果たして彼女はどのような活躍を見せるのだろうか。期待して待ちたい。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/08/24 17:00
こんな記事も読まれています

市來玲奈アナの『行列』抜擢は“ポスト水卜麻美”より“プロ野球選手避け”施策だった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真