日刊サイゾー トップ > 芸能  > 民放各局が『報ステ』潰し!

民放各局がテレ朝『報ステ』潰しへ! キャスター交代、スポーツ強化で弱体化必至

『報道ステーション – ホーム | Facebook』より

 テレビ朝日系の看板報道番組『報道ステーション』が9月いっぱいで、サブキャスターの小川彩佳アナウンサーを降板させ、10月から“出戻り”フリーアナの徳永有美を後任に起用することで波紋を呼んでいるが、そのほかの民放局は、この機に乗じて、一気に『報ステ』潰しに出るという。

 というのも、10月から『報ステ』が弱体化し、視聴率は降下する可能性が高く、チャンスとみる他局は、今後月曜から金曜の午後10時台の番組を強化していく方向へ、舵を切っていきそうなのだ。

『報ステ』は常時10%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)前後の視聴率をはじき出している優良番組。2016年4月に、メインキャスターが古舘伊知郎から富川悠太アナに交代しても、さして数字は落ちなかった。しかし、今回ばかりは視聴者の動向に変化が生じそうな気配だ。

「『報ステ』は前身番組の『ニュースステーション』時代から見続けている視聴者に支えられているのです。小川アナは7年半の長きにわたって、サブキャスターを務めてきました。清楚で知的な美人の小川アナは、出過ぎた発言もなく、視聴者から高い支持を受けてきました。今の『報ステ』を支えているのは、富川アナではなく、小川アナ。その小川アナがいなくなることで、見なくなる視聴者もいるでしょう。ましてや、後任が過去のこととはいえ、同局社員の夫がいながら、ウッチャンナンチャン・内村光良との不倫に走って、“略奪婚”した徳永アナではお話になりません。徳永アナが報道番組にふさわしいかどうかは、言わずもがなで、“不倫アナ”に嫌悪感を覚える視聴者もいるはず。この措置は、視聴者離れにつながりかねません」(テレビ誌関係者)

 サブキャスターの交代が、視聴率降下につながりかねないようだが、10月から『報ステ』の路線変更で、それに拍車を掛けてしまいそうな雲行きとなっているのだ。

「『報ステ』は10月からスポーツやカルチャーに力を入れていくと聞いています。現状でも、松岡修造のコーナーなど、スポーツに大きく時間を割いて伝えていますが、その傾向がますます強くなっていきそうです。それに向けた予行練習ではないでしょうが、“報道番組”でありながら、8月20日、21日のトップニュースは高校野球でした。どうしても、高校野球を詳細に伝えたければ、スポーツコーナーの枠を拡大すればいいのであって、トップで伝える必要はないでしょう。今以上に、スポーツを強化することになれば、もう報道番組ではなく、『スポーツ報道ステーション』になってしまいます。視聴者は報道を見たくて見てるのに、スポーツばかり扱うと、当然離れていってしまうでしょうね」(同)
テレ朝以外の他の民放局では、月曜から金曜の午後10時台は、『報ステ』があるため、なかなか人気番組が育たない土壌があるのは事実。しかし、その『報ステ』が弱くなれば、他局もこのチャンスを逃さないはず。同時間帯の“強化”で、『報ステ』潰しへと向かうだろう。
(文=田中七男)

最終更新:2018/08/27 10:00

民放各局がテレ朝『報ステ』潰しへ! キャスター交代、スポーツ強化で弱体化必至のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

Mr.都市伝説・関暁夫が熱弁!

 累計300万部を突破した大人気シリーズ「Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説」の最新作...
写真