日刊サイゾー トップ > 芸能  > アイドル界“ワンナイトラブ”の実情

元NMB48・須藤凜々花が大暴露! アイドル界“ワンナイトラブ”の実情とは?

『有田哲平の夢なら醒めないで』番組Twitter(@yumesame2017)より

 21日放送のバラエティー番組に出演した元NMB48・須藤凜々花の発言が芸能界関係者の間で話題を呼んでいる。

 トークバラエティー番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演した須藤は、MCの有田哲平から「アイドルでもワンナイトやっているのか?」との問いに「してるっすよ!」と言い放った。

 過去、自身も文春砲に見舞われた経験があるとはいえ、ほぼ“現役アイドル”に近い須藤の一言は、かなりの重みがあるのは間違いない。

 番組をたまたま見ていたという、あるグラビアアイドルは「まあ、須藤さんはなんでもかんでもぶっちゃけてお金稼げるからいいけどね」と苦笑しながらも、「こっちはある意味、生活かかってるから」と明かす。

「ワンナイトラブをするアイドルは2パターンいて、1つは本当にエッチが好きで、誰彼構わずベッドインする子。とはいえ、相手はホストとか同業者とかが多いかな。お互い、身バレなどのリスクが同等にあれば変な動きはされないですからね」(同)

 もう1つは「資金援助」と仕事のきっかけにしたいパターンだという。

「広告代理店、テレビ局関係者などから体を迫られることは頻繁にあります。セクハラ、パワハラなんて騒いでいますが、それで拒否したら本当に仕事がなくなりますからね。むしろ、それをきっかけに仕事を回してもらうなり、半ば恐喝まがいの形で定期的に“資金提供”してもらうきっかけになる。これを狙う子も結構いますね」(同)

 かわいい顔して、その裏では恐ろしい「実態」がはびこっているのだ。

最終更新:2018/08/29 06:00

元NMB48・須藤凜々花が大暴露! アイドル界“ワンナイトラブ”の実情とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真