日刊サイゾー トップ > 芸能  > みやぞん好感度UPも「使いづらい」?

みやぞん、チャリティーランナー見事完走で“好感度アップ”も、業界内では「使いづらい」の声

みやぞんの公式インスタグラム(@anzenmiyazon)より

 日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う41』(8月25、26日放送)でチャリティーランナーを務めた、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん。番組初となるトライアスロンに挑戦し、見事生放送内でのゴールを果たした。

「それなりに感動的で番組としは成功だったと言えるでしょう。番組のマンネリ化についてはどうしようもないですけどね。そもそも走る理由もわからないし……」(テレビ局関係者)

『24時間テレビ』のチャリティーランナーに起用されたタレントは、その後、日本テレビの番組に出演する機会が増えると言われているが、みやぞんについては「使いづらい」という意見も多いようだ。

「いわゆる“天然キャラ”なのでバラエティー番組では“イジってナンボ”なんですが、みやぞんの場合は基本的に『いい人』というイメージがあるので、あまり強めにイジると視聴者から反感を買ってしまいがちなんです。どうしても“イジメ”に見えやすいので、扱いが難しい。しかも、『24時間テレビ』でランナーをやったことで、“いい人”キャラがさらに強くなるわけですから、なおさらイジり方が難しくなりそうです」(同)

 バラエティー番組に関わる放送作家はこう話す。

「出川(哲朗)や狩野(英孝)であれば、“プロのイジられ屋”として強めなイジりでも上手く転がってくれるんですが、みやぞんはまだ、そこまでではない。だからこそ、運動神経の良さや音楽的才能を番組でフィーチャーするんですが、そのあたりではもう笑いを作るのも大変。制作サイドとしては、みやぞんをいかに面白くするかということに苦心しているのが現状でしょう」

 浅井企画所属のみやぞんだが、事務所の先輩にあたるキャイ~ンのウド鈴木を引き合いに出されることも多い。

「“いい人”で“天然キャラ”ということでは、みやぞんはまさにウドの直系ですね。みやぞんが出始めた頃は“ウド鈴木の再来”と呼ばれていましたし。ただ、ウドさんの場合は、全幅の信頼をおいている相方の天野(ひろゆき)さんが彼を上手くコントロールして、扱い方を提示していました。でも、みやぞんの相方であるあらぽんは、そこまでテレビに出ることないし、お笑いスキルが高いというわけでもない。正直、バラエティー的にもあらぽんは戦力としても期待されていないし、みやぞんの扱い方も提示しない。なかなか厳しいですね……」(同)

 好感度が高いがゆえにイジりづらいが、イジらないことには良さが引き出せないみやぞん。そのジレンマを解消するには、もう少し時間がかかりそうだ。

最終更新:2018/08/29 12:00

みやぞん、チャリティーランナー見事完走で“好感度アップ”も、業界内では「使いづらい」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『水ダウ』“陰口ドッキリ”のずるさ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

森達也監督が初の劇映画に挑む理由

 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏...…
写真