日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 後藤真希に岡田結実が「無神経発言」

後藤真希に“家族話”を振った!? 岡田結実の「無神経発言」に、お茶の間硬直!

後藤真希 公式インスタグラム(@goto_maki923)より

 久しぶりにテレビに登場した姿を、ファンは感慨深く見守っていたようだ。

 9月2日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に、元モーニング娘。の後藤真希が登場。松浦亜弥との一触即発エピソードや、地元・江戸川区愛を語るなど、盛りだくさんの内容となった。

「後藤はかつて松浦が自分に対して露骨に目線をそらすことなどが不快だったそうで、中野サンプラザ公演の楽屋で直接、『アンタのこと嫌いなんだけど』とぶちまけた。すると、松浦も『私も嫌い』と応戦し、お互いが嫌いなところをディスり合う状況に。しかし、『仕事については認めてる』という話をしたら、逆に仲良くなったそうで、少年漫画のような話となっていました(笑)」(テレビ誌ライター)

 だが、続くトークでは、ある女性タレントの“無神経”な一言に、お茶の間に緊張感が走る場面があったという。芸能記者が言う。

「後藤は自分の履歴を語っていく中で、17歳で3階建て8LDKの家を買ったという話を披露。家族みんなで住めるようにという理由に、横にいた岡田結実が『家族はうれしかったでしょうね』とコメントしたのです。後藤は『そうですね』と笑っていましたが、この発言がネット上をざわつかせました」

 後藤といえば1999年のシングル「LOVEマシーン」で鮮烈なデビューを果たしたが、その不幸な生い立ちは、ファンには有名である。

 父親は、後藤が11歳の時、ロッククライミング中に事故死。元EE JUMPのメンバーとして活躍していた弟・祐樹は07年に窃盗容疑で逮捕。10年には、後藤が購入したまさにその家から、母親が転落死している。

「後藤の母親が亡くなったのは岡田が9歳の時ですから、彼女はその事実自体を知らなかったのかもしれません。しかし、父親のますだおかだ・岡田圭右の離婚をネタとして笑いをとる岡田彼女が、後藤の家族話に触れたことを不快に感じた人が少なからずいたようです。実際、後藤の履歴は17歳の後は30歳の出産話まで13年間もワープしていますから、この話は当然NG事項だったはず。ともあれ、波乱万丈すぎる後藤の半生をバラエティ番組にできるくらいには時が過ぎたと思うと感慨深かったですね。父や母、弟のことも特段触れずに写真で思い出を語る姿に痛々しさがなく、後藤がナチュラルな雰囲気だったのもよかった」(同)

 普通の人の10倍くらいの濃さで生きてきた後藤。今後は、夫や子どもたちと穏やかに暮らしてほしいものだ。

最終更新:2018/09/04 10:00
こんな記事も読まれています

後藤真希に“家族話”を振った!? 岡田結実の「無神経発言」に、お茶の間硬直!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

小室圭氏は眞子様の相手として合格

いよいよ今年も残りわずか。2019年のワイド...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真