日刊サイゾー トップ > 芸能  > 太鳳&芳根のW主演映画大爆死の予感

土屋太鳳&芳根京子のW主演『累-かさね-』爆死×爆死=大爆死の予感?

映画『累-かさね-』公式サイトより

 土屋太鳳と芳根京子のW主演映画『累-かさね-』が9月7日に公開される。共に朝ドラの主演を務め、知名度は抜群の2人が主演を務める同作だが、公開前から「設定に無理がある」との声が登場。客入りが不安視されている。

『累-かさね-』は、松浦だるまが「イブニング」(講談社)で連載していたサスペンス漫画。同作は、「幼い頃から自分の容姿に劣等感を抱いてきた累」と、「圧倒的な美を備えたニナ」が、“不思議な力を秘めた口紅の力を使って顔を入れ替える”というストーリーで、『ストロベリーナイト』(2013)や『キサラギ』(07)を手がけた佐藤祐市監督がメガホンを取ったが、原作の読者や試写会の視聴者から不満の声が上がっているという。芸能誌記者が語る。

「映画の原作は連載が5年以上続き、累計200万部以上を売り上げた大ヒット作ですが、映像化が決まり、キャストが発表されると、ファンから上がったのは喜びよりも落胆の声でした。何しろ主役のニナが“絶世の美女”という設定なので、キャストが命の作品ですが、フタを開けてみれば土屋太鳳だったので、『イメージと全然違う』『微妙過ぎる』という声が殺到。一方で、醜い容姿に劣等感を持つ累役が芳根京子だったので、『累の方が可愛いんだが』といった声が寄せられたのです」(芸能誌記者)

 仮にも朝ドラの元ヒロインが、美女という設定に難癖をつけられるのも酷な話だが、芳根が「容姿にコンプレックスがある女性」だというのもリアリティがないのは事実だ。しかも大コケを予想される要素がいくつも存在するという。映画関係者が語る。

「朝ドラの主演経験者といえば、老若男女に知名度が高く、主演を務めればある程度の集客が計算できるものですが、土屋太鳳も芳根京子も映画でまったく結果を出していません。昨年の土屋の主演作『トリガール!』(17)は、初登場でベスト10圏外という記録的爆死でしたし、アニメ版がヒットし、芳根が出演した映画『心が叫びたがってるんだ。』(17)も大コケでした。テレビでも、いま放送中の土屋主演のドラマ『チア☆ダン』(TBS系)は厳しい数字ですし、芳根は今年1月期の月9ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)で、記録的な低視聴率を叩き出しています。

『累-かさね-』はフジテレビ製作で、土屋と芳根の2人は8月終わりからで盛んに宣伝でフジの番組に出演してきましたが、そもそもフジのバラエティは視聴率が2ケタに行きませんし、どれだけ浸透したことか……。正直、当たる要素はまったく見当たりません」(映画関係者)

 朝ドラ女優の賞味期限は、思いのほか短かった?

最終更新:2018/09/06 20:00
こんな記事も読まれています

土屋太鳳&芳根京子のW主演『累-かさね-』爆死×爆死=大爆死の予感?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』を大絶賛

 映画『ジョーカー』(トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス主演)が世界各...
写真