日刊サイゾー トップ > 芸能  > Toshlのバラエティ進出の狙いとは?

Toshlの芸人化が止まらない! 歌を安売りするのはX JAPANとの“契約”が原因?

Toshl 公式インスタグラム(@toshl_officia)より

 9月6日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、X JAPANのToshlが出演。スタジオで生歌を披露したのだが、「Toshlは方向性が定まらなさすぎ……」「もう完全に芸人だな」といったツッコミの声が上がっている。

 同日は“マネジャーからの売り込みSP”と題して、芸能人たちがテレビ初公開の特技を売り込む様子が放送された。番組序盤にToshlは“野球の実況”や“アイロンがけ&家事”といった特技を披露。番組後半には“楽器もできる”というマネジャーからの売り込みで、ギターの弾き語りで「およげ! たいやきくん」とピアノの弾き語りで「チキンライス」を披露することになった。

「Toshlは『熱いんだよ! バカヤロー!』『助けてくれー! バカヤロー!』と、アドリブでシャウトしながら『およげ! たいやきくん』を熱唱。その圧倒的な美声に、スタジオにいた出演者とMCのダウンタウンは驚きの表情を浮かべていました。Toshlの弾き語りに視聴者からは、『史上最高にカッコイイたいやきくんが聞けた』『めっちゃ上手くて鳥肌立ったわ』など絶賛の声が。しかし一方で、『こういう芸人みたいな活動してるのはやっぱり好きになれない』『“X JAPANのToshl”はカリスマであり続けてほしかった』『色んなバラエティで歌声を安売りしすぎだろ。ファンのあたしでも聴き飽きたわ』『バラエティに出てキャラ崩壊してるの見ると悲しくなるなぁ』『天国のhideはバラエティ芸人と化したToshlを見てどう思ってるのだろう…』といった声も多く上がっています」(芸能ライター)

 昨年から今年にかけて、バラエティ番組で多く見かけるようになったToshl。昔はミステリアスな印象があったが、今はスイーツ好きキャラなどで活躍している。この変化を良く思っていないファンも多いようだ。

「今年8月に掲載された『NEWSポストセブン』のインタビューでToshlは、バラエティへ出演し続ける理由を『ロックというのもやりたかった一つの枠にすぎない。その枠さえもどんどんぶっ壊して、本当に自分がやってみたかったことを自由に思いっきりやってみたい』と語っていました。しかしバラエティ出演が増えたキッカケは、また別なところにもあるようです。今年7月に『女性セブン』(小学館)は、ToshlがX JAPANとの契約を更新しなかったと報道。同誌いわくToshlがX JAPANとして活動する際には、コンサートや曲ごとの“都度契約”になっているといいます。ロックフェス『LUNATIC FEST.2018』には、YOSHIKIだけが単独出演。ToshlとX JAPANの距離は少し離れつつあるという印象も受けますし、バラエティ進出は食い扶持に困らないための手段なのかもしれません」(同)

 今月28日~30日にかけて、幕張メッセで3Daysライブを行うX JAPAN。芸人化するToshlは、カリスマロックボーカリストとして汚名返上できるのだろうか。

最終更新:2018/09/07 19:00
こんな記事も読まれています

Toshlの芸人化が止まらない! 歌を安売りするのはX JAPANとの“契約”が原因?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真