日刊サイゾー トップ > 芸能  > テレ朝・小川彩佳アナがキャラ変!?

“クール”“堅物”イメージのテレ朝・小川彩佳アナがキャラ崩壊!? AbemaTVで「ぶりっこポーズ」

小川彩佳オフィシャルブログより

 いやはや、これは大変なことになってきた。“クール”“堅物”といったイメージが強かったテレビ朝日・小川彩佳アナウンサーが、AbemaTVの番組で、まさかの“ぶりっこポーズ”を決めるなど、新境地を開拓しているのだ。

 小川アナは9月28日で、7年半務めた『報道ステーション』のサブキャスターの座を降板。10月2日から、系列のインターネット局AbemaTV内の報道番組『AbemaPrime』の進行役に就任した。

 新たな仕事に臨むにあたって、小川アナは1日にブログを開設し、髪をバッサリ切ったことを報告。小川アナといえば、過日、交際していたとされる嵐・櫻井翔と“破局”したと一部で報じられた。その一件があるだけに、今回の断髪と櫻井の件に関連があるのかと、つい勘ぐってしまいたくもなる。

 小川アナは2007年4月に入社して以降、一貫して、報道一筋だった。その経験を生かすべく、今回の異動となったわけだが、ネットTVとなると、地上波と同じようにはいかない。火曜MCには、芸人のケンドーコバヤシもおり、柔軟性が求められるのだ。

 最大の難関は、気象予報士で“ぶりっこキャラ”のタレント・穂川果音とのお天気コーナーだった。“ほかのん”の愛称で知られる穂川は、初日の2日に、小川アナの愛称を“おがのん”と命名。同コーナーは、穂川のぶりっこポーズ「きゅるん」で締められるのだが、小川アナも付き合わされるハメに。2日目の3日には、穂川から天使の輪がついたカチューシャを装着されるなど、ほとんど、そのキャラは崩壊寸前。むろん「きゅるん」の決めポーズは、毎日やらされている状況だ。

「地上波の報道番組をやる上で、小川アナの“硬派”のイメージはピッタリだったかもしれません。しかし、ネットTVでは違う面も要求されてきます。これまでバラエティーなど一切担当したことがない小川アナにとっては、“試練”です。ただ、アナウンサーとしての将来を考えた場合、柔軟性を磨けば、幅も広がりますし、新たな層のファンも獲得できるでしょうから、決してマイナスではありません」(女子アナウオッチャー)

 小川アナクラスのアナウンサーがネットTVに専念するのは、なんとももったいない気もするが、地上波に戻った際には、新たな面が見られそうだ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/10/06 18:00
こんな記事も読まれています

“クール”“堅物”イメージのテレ朝・小川彩佳アナがキャラ崩壊!? AbemaTVで「ぶりっこポーズ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーCM、なぜ素晴らしい?

 まだまだラグビーW杯は続くのに、日本の敗戦と...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真