日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香、ついに毒母認定

工藤静香、ブルガリ商品を“愛用品”としてPRも、「白々しい」と非難の嵐!「毒母だ」との声も……

工藤静香公式Instagramより

 モデルデビューした娘・Koki,の売り出しに躍起になっている歌手の工藤静香。そんな彼女がまたまた話題を振りまいている。

 現在ネットで話題となっているのは、10月9日にInstagramに投稿した私物ブランド品紹介の画像だ。工藤は「最近のお気に入り」と称して、スカーフを紹介。「商品名は『Tie me タイ・ミー』(=私を結んで!)ですって 可愛いネーミング どこにつけても使い方は自由」と説明し、腰に着用した画像など、数枚を投稿した。

 過去に何度も、私物ファッションを紹介してきた工藤。ところが現在、この画像がネットで物議を醸しているようなのだ。

「工藤さんが紹介した私物のスカーフなのですが、これはブルガリの『Tie me upスカーフ』というものです。ブルガリと言えば、先日Koki,さんがブランドアンバサダーになったばかり。そのため、愛用品といったニュアンスで紹介しているのですが、宣伝だと思う人が続出。『こういうことするから親子で嫌われるんだよ』『子どもの足引っ張るなよ』と工藤さんに向けて苦言を呈する人もたくさんいました」(芸能記者)

 Koki,はこれまでブルガリのほかに、シャネルのビューティーアンバサダーや大塚製薬が新発売する商品のCM出演が決定。「コネ」「ゴリ押し」と言われながらも、その活躍ぶりは目覚ましい。そんなKoki,を後押ししている工藤。子どもの夢を手助けする良い母親のように思えるが、世間はそう見ていないようだ。

「工藤さんはこれまで、Koki,さんのために宣伝を欠かさなかった。以前に自宅の豪華なトイレを紹介した際も、シャネルの香水をわざとらしく写りこませて『シャネルの香水を芳香剤代わりに使っているのか』と話題となっていました。しかし、その数日後、Koki,さんがシャネルのビューティーアンバサダーに就任し、ネットはザワつき呆れたとの声が上がっていたことがありました。そういう“親子匂わせ”的な行為を何度も繰り返すため、もはや世間では子離れできず脚を引っ張る“毒母”とまで呼ばれているようですね」(同)

 子どものために奮闘するのもいいが、そろそろ子離れしないと親子共々、苦しい道を辿ってしまうかもしれない。

最終更新:2018/10/11 23:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

工藤静香、ブルガリ商品を“愛用品”としてPRも、「白々しい」と非難の嵐!「毒母だ」との声も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

   朝倉兄弟がこの夏、いよいよ主役に躍り出る!――総合格闘家の朝倉未来 (みくる・...
写真