日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香、ついに毒母認定

工藤静香、ブルガリ商品を“愛用品”としてPRも、「白々しい」と非難の嵐!「毒母だ」との声も……

工藤静香公式Instagramより

 モデルデビューした娘・Koki,の売り出しに躍起になっている歌手の工藤静香。そんな彼女がまたまた話題を振りまいている。

 現在ネットで話題となっているのは、10月9日にInstagramに投稿した私物ブランド品紹介の画像だ。工藤は「最近のお気に入り」と称して、スカーフを紹介。「商品名は『Tie me タイ・ミー』(=私を結んで!)ですって 可愛いネーミング どこにつけても使い方は自由」と説明し、腰に着用した画像など、数枚を投稿した。

 過去に何度も、私物ファッションを紹介してきた工藤。ところが現在、この画像がネットで物議を醸しているようなのだ。

「工藤さんが紹介した私物のスカーフなのですが、これはブルガリの『Tie me upスカーフ』というものです。ブルガリと言えば、先日Koki,さんがブランドアンバサダーになったばかり。そのため、愛用品といったニュアンスで紹介しているのですが、宣伝だと思う人が続出。『こういうことするから親子で嫌われるんだよ』『子どもの足引っ張るなよ』と工藤さんに向けて苦言を呈する人もたくさんいました」(芸能記者)

 Koki,はこれまでブルガリのほかに、シャネルのビューティーアンバサダーや大塚製薬が新発売する商品のCM出演が決定。「コネ」「ゴリ押し」と言われながらも、その活躍ぶりは目覚ましい。そんなKoki,を後押ししている工藤。子どもの夢を手助けする良い母親のように思えるが、世間はそう見ていないようだ。

「工藤さんはこれまで、Koki,さんのために宣伝を欠かさなかった。以前に自宅の豪華なトイレを紹介した際も、シャネルの香水をわざとらしく写りこませて『シャネルの香水を芳香剤代わりに使っているのか』と話題となっていました。しかし、その数日後、Koki,さんがシャネルのビューティーアンバサダーに就任し、ネットはザワつき呆れたとの声が上がっていたことがありました。そういう“親子匂わせ”的な行為を何度も繰り返すため、もはや世間では子離れできず脚を引っ張る“毒母”とまで呼ばれているようですね」(同)

 子どものために奮闘するのもいいが、そろそろ子離れしないと親子共々、苦しい道を辿ってしまうかもしれない。

最終更新:2018/10/11 23:30
関連キーワード

工藤静香、ブルガリ商品を“愛用品”としてPRも、「白々しい」と非難の嵐!「毒母だ」との声も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真