日刊サイゾー トップ > 芸能  > ベッキーTwitter再開で広がる波紋

ベッキーTwitter再開で広がる波紋……年末『ガキ使』でゲス・川谷絵音と“サプライズ共演”も!?

 ベッキーの完全復帰が秒読みの予感だ。8日にフジテレビ系の全国ネットで放送された『全人類がリサーチャー!特定せよ!』では生放送単独MCに初挑戦し、放送に先駆けTwitterも再開させた。

 これからのシーズン、テレビ業界は年末年始特番のブッキングや収録が始まる。ベッキーはそこにも呼ばれる可能性もありそうだ。

 その先には『天才!志村どうぶつ園』『世界の果てまでイッテQ!』(ともに日本テレビ系)、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(ともにTBS系)といった、出演休止が続いているレギュラー番組への復帰も見据えているのは確かだろう。

 年末年始の特番で「ウルトラC」として期待されるのが、かつての不倫相手であるゲスの極み乙女。の川谷絵音との共演である。

「川谷は『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演したほか、『恋のツキ』(テレビ東京系)では俳優デビューも果たしており、ミュージシャン以外の活動にも積極的です。さらに本業の音楽においても『BAZOOKA!!!』(BSスカパー!)内で企画バンド、ジェニーハイを結成しプロデュースも務めています。バンドのメンバーは、小藪一豊、野性爆弾のくっきー、新垣隆、中嶋イッキュウと豪華な並びで、川谷本人もリードギターとして参加しています。川谷はこのバンドで『紅白』出場も宣言していますね」(芸能ライター)

 紅白出場はリップサービスだとしても、あの名物番組への出演可能性はあり得る話だろう。

「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の特別企画である『笑ってはいけないシリーズ』ですね。ベッキーは昨年末にこの番組に出演し、不倫騒動の禊という形でタイキックを受け批判が殺到しました。さらに同じ放送回では浜田雅功の黒塗りメイクも黒人差別と問題になっています。これらの騒動へのアンサーとして、なんらかの動きがある可能性はあります。再びベッキーが登場し、そこへジェニーハイも絡んでくれば面白そうですね。小籔、くっきーは吉本芸人ですし、新垣も過去同番組へ出演経験があります。さすがにベッキーと川谷の共演はないとしても、なんらかの形でイジられることもあるかもしれません」(同)

 大みそかのサプライズに期待したいところだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/14 10:00
こんな記事も読まれています

ベッキーTwitter再開で広がる波紋……年末『ガキ使』でゲス・川谷絵音と“サプライズ共演”も!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...
写真