日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉岡里帆の出演映画が大爆死! 

吉岡里帆の出演映画が“空席祭り”で大爆死! NGワードの多さに同情の声も……

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公式サイトより

 阿部サダヲが主演、吉岡里帆がヒロインを務めた映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が“空席祭り”になっているようだ。

 同作は阿部演じるドーピングで声を作っているロックンローラーと、吉岡演じる声が小さすぎるストリートミュージシャンの物語。今月12日に公開されたものの、初週の興行ランキングでは初登場12位と、まさかのトップ10圏外だった。

「精力的に宣伝していたのに、この結果では大爆死です。興行10億円を目標に掲げていたようですが、このままでは10分の1程度になりそうです」(映画関係者)

 吉岡といえば、男性ファンが多い一方で、なぜか女性ウケが良くない。いわく「グラドル上がりなのにあざとい」「腹黒い」。誰が吹聴したかは不明だが、まるで伝言ゲームのように浸透してしまっている。

 今回の映画も男性からは「吉岡里帆かわいすぎ」と絶賛の声が飛んでいるが、女性の評価は手厳しいようだ。不運な部分もある。芸能関係者の話。

「周りが彼女に対して気を使いすぎなんですよね。本人は気難しいタイプでもないのに……。彼女のイメージが芳しくないのは、環境のせいもあると思いますよ」

 例えば、テレビでインタビューを行う際、インタビュアーには事前に「ネットで炎上している話はNG」や「グラドル時代の話はなしで」と通達されるという。

「本人はその話も全然していいのに、周りが勝手に判断してNGにしている。所属事務所というより、宣伝会社ですね。彼女はグラドル上がりと言われていますが、役者としての下積みは長い。そのあたりの苦労話をしてもいいように思いますが、こちらも『過去の話はなしでお願いします』とオーダーがくる。これではインタビューで綺麗ごとしか話せませんよ」(テレビ関係者)

 結果、彼女の意外な「泥臭さ」は表には出ず、余計に女性の反感を買うハメになっている。同情するほかない……。

最終更新:2018/10/21 12:00
こんな記事も読まれています

吉岡里帆の出演映画が“空席祭り”で大爆死! NGワードの多さに同情の声も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

   朝倉兄弟がこの夏、いよいよ主役に躍り出る!――総合格闘家の朝倉未来 (みくる・...
写真