日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹内アナにテレ朝上層部は怒り心頭!?

『報ステ』抜擢の竹内由恵アナにまたまた“恋愛スキャンダル”発生! テレ朝上層部は怒り心頭!?

竹内由恵 公式インスタグラムより(@yoshie0takeuchi)より

 テレビ朝日系の看板報道番組『報道ステーション』のキャスターに抜擢されたばかりの竹内由恵アナに、またまた“恋愛スキャンダル”が発生し、同局上層部は怒り心頭だという。

 25日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、竹内アナは19日深夜、生放送の終了後に同局近辺でイケメン男性と合流。手をつないだ2人は買い物を済ませて、竹内アナの自宅マンションに消えていったとされる。後日、同誌記者が竹内アナを直撃したところ、あっさり交際を認め、「遊びじゃないです」と発言。竹内アナの知人によれば、お相手は同い年の一般人男性だという。

 まさに、“恋多き女”の言葉がピッタリの竹内アナ。これまでも、同局社員、プロ野球読売ジャイアンツ・片岡治大(現コーチ)、電通マン、バスケットボールBリーグ・栃木ブレックスの田臥勇太らと数々の浮き名を流してきた。今年4月には、その田臥との破局が報じられたばかりだ。

 折しも、竹内アナは9月までメインキャスターを務めていた夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』を卒業し、この10月から『報ステ』に抜擢を受けた。月曜から木曜はスポーツを、金曜はメインキャスターを担当している。

「竹内アナはいい大人で独身ですから、恋愛は自由です。ですが、あまりにも男性遍歴が派手で、ことごとくマスコミで報じられてしまうため印象が悪いわけです。せっかく『報ステ』に抜擢したわけですから、上層部としては、『頼むから、しばらくはおとなしくしていて!』と思っていたでしょうし、さすがに今回はカンカンだと言います。なんせ報道キャスターですから、多くの熱愛スキャンダルは好ましくはありません」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、竹内アナにも言い分があるだろう。不倫でもない限り、外野にとやかくいわれるような筋合いではない。ただ、竹内アナは同局きっての人気女子アナで、看板報道番組のキャスター。当然マスコミもスクープを狙って張り付くことは容易に推測されるだけに、もう少し、人目につかない待ち合わせの仕方をするなり何かしらの“ガード”が必要だろう。「ワキが甘すぎる」と言われても、致し方なさそうだ。

(文=田中七男)

最終更新:2018/10/25 23:00
こんな記事も読まれています

『報ステ』抜擢の竹内由恵アナにまたまた“恋愛スキャンダル”発生! テレ朝上層部は怒り心頭!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真