日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『ガキ使』HIKAKIN出演で影響は…

『ガキの使い』HIKAKIN出演が話題の一方で、松本人志のネット動画『FREEZE』は大不評!?

ヒカキン 公式Twitter(@hikakin)より

 21日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)に、人気YouTuberのHIKAKINが出演し話題となっている。HIKAKINは同番組の名物コーナーである「サイレント図書館」に出演。バターを塗った顔を犬に舐められる、ベルトコンベアから流れてきたこけしやスイカを股間に落とされるといった罰ゲームに挑んだ。

『ガキの使い』は文化人や大物タレントなど、意外なゲストを出演させ話題を呼んでいる。だがYouTuberの登場は初の試みといえるだろう。これは、松本人志の現在の興味がどこに向いているかを表している。

「松本人はAmazonプライム・ビデオではオリジナルコンテンツを作り配信していますから、ネット動画への興味関心はあるといえるでしょう。10人の芸人たちが密室の中で笑わせ合いバトルを展開する『ドキュメンタル』に続き、9月からは革命的バラエティ番組を銘打った『FREEZE』が配信中です」(芸能ライター)

 しかし、本人の自信とは裏腹に『FREEZE』の評判は悪い。Amazonのカスタマーレビューでは、実に半数以上が最低評価となる「星1つ」をつけている。その内容は「マニアックすぎるので楽しめない」「これは普通にいじめを笑っているだけ」「『笑ってはいけない』のボツ企画集めた感じ」といった厳しい声が目立つ。

「松本としては、ネット動画では地上波のテレビ番組ではできないマニアックな内容を追求したいのでしょう。しかしながら、ネットの需要はまったく逆だといえます。今回出演したHIKAKINのように、小学生にもわかるベタな笑い、瞬発的な笑いの方がウケるといえるでしょう」(同)

 HIKAKINとのコラボは、松本の中で、ネットでの笑いの追求に対し何かしらの変化をもたらすのだろうか?

(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/28 10:00
こんな記事も読まれています

『ガキの使い』HIKAKIN出演が話題の一方で、松本人志のネット動画『FREEZE』は大不評!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...…
写真