日刊サイゾー トップ > 芸能  > 貴乃花がイメチェンに成功!?

親方を辞めた“貴乃花”花田光司、『しゃべくり007』出演でイメチェンに成功!?

『しゃべくり007』 オフィシャルサイトより

 10月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、元“貴乃花親方”の花田光司が出演。これまでの厳格なイメージを一新するはっちゃけた姿に注目が集まった。

 今後は“ちびっこ相撲”などに携わっていきたいと明かしていた花田。番組では“四股”や“立ち合い時の呼吸の仕方”などを教えていたのだが、その流れで原田泰造が花田に当たってみることに。原田のタックルを受けた花田は、「強い強い」と笑っていなしていた。

 すると番組恒例の“悪ノリ”で、堀内健が「俺と福ちゃんの“神相撲”を見てくれよ」と前に出てきて神相撲の真似を披露。すると花田もしっかり便乗し、上田晋也に「やんのかい!」と突っ込まれている。突発的なコントにしっかり対応し、花田は「面白いなぁ」とご満悦。その後も立て続けに質問に答え、今まであまり表に出なかった“貴乃花のプライベート”が明かされていく。

「『テレビとか見ます?』という質問に、花田は『Hulu』などでよくドラマや映画を見ると答えていました。最近彼が見たドラマは、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)。その他『高嶺の花』(日本テレビ系)にもハマっていたそうです。どちらも石原さとみの主演ドラマで、花田は『この女優さん(石原さとみ)よさそうだな、って感じで見たら面白いなって』と素直に告白。日本テレビへのリップサービスという面もありそうですが、ひょっとしたら本当に“石原さとみファン”なのかもしれません。“元貴乃花親方”の意外な一面に、視聴者からは『イメージと違い過ぎておもしろい』『貴乃花のバラエティー対応力すごすぎるでしょ』『イメチェン成功だな。完全に憑き物が落ちた雰囲気』といった声が上がっていました」(芸能ライター)

 上田に「親方辞めたらやりたい放題だな!」と突っ込まれるほどのバラエティー適性を見せた花田。視聴者からは「これからどんどんテレビ番組で重宝されそう」などとも指摘されている。

「これまでバラエティー番組で活躍してきたのは、元横綱“若乃花”で知られる兄の花田虎上。今年出演した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも、弟との関係について『仲は悪い』と赤裸々に語り話題になっています。花田光司本人はバラエティー進出について『考えていない』と語っていましたが、兄や具志堅用高、松岡修造のようなスポーツタレントとしての活躍も期待せざるをえません」(同)

 親方を辞めた花田が今後どのような活躍をするのか。ひょっとしたら兄弟で共演して第2次“若貴ブーム”が巻き起こるかも?

最終更新:2018/10/30 16:30
こんな記事も読まれています

親方を辞めた“貴乃花”花田光司、『しゃべくり007』出演でイメチェンに成功!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真