日刊サイゾー トップ > 芸能  > 本田翼、“ポスト綾瀬はるか”に!

本田翼「台本にふりがな」でも素直な性格で“ポスト綾瀬はるか”に! トップ女優になる日も近い?

スターダストプロモーション公式サイトより

 数多の若手女優の中でも、男性と女性と両方から人気なのが本田翼だ。最近ではYouTubeに公式チャンネルを開設し、ゲーム実況を配信。大きくリアクションしながら、ホラーゲームに興じる様子がかわいらしいと評判にもなった。

「モデル出身なのにお高く留まることもなく、庶民的な姿を見せるのが人気の秘密。マンガ好きやゲーム好きを公言していますが、いずれも“ガチ”であるということも、ネットユーザーから支持される理由だと言えます」(女性週刊誌記者)

 そんな本田翼だが、業界内での評判も上々だ。ドラマ関係者はこう絶賛する。

「ちょっと気分屋というか、思ったことをストレートに言ってしまうところがあるので、誤解されやすいのですが、とにかく素直で性格がいい。裏表もないし、偉そうにすることもない。下っ端にも優しく接してくれるということで、一緒に仕事をしたスタッフは、基本的に本田翼のファンになってしまうと言われています。その性格の良さから関係者の間では“ポスト綾瀬はるか”と呼ばれることも多いです」

 素直である一方、“おバカ”な一面もあり、それがまた現場で愛される所以だという。

「残念ながら学がある方ではないようで、本田さんの台本は、ほとんどの漢字にふりがなが振ってあるとか。でも、漢字が読めなくても一生懸命演技している姿にヤラれてしまう。おバカなところも包み隠さず出していくことで、結果的にファンを増やしているんです」(同)

 2018年7月期の月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)では、アクションにも挑戦。女優としての演技の幅も広がりつつある。

「かわいらしい役だけでなく、クールな役柄や、強い役柄もできるようになってきたと、女優としての評価もうなぎのぼり。しかも、必ずしも主演クラスでなくても出演するので、起用しやすいというメリットもある。あとは誰もが知る代表作さえ生まれれば、トップ女優になるでしょう」(同)

 確かに、大ヒット作品への出演は少ない本田翼。トップに上り詰めるためには、ヒット作を引き寄せる運も必要なのだ。

最終更新:2018/11/04 06:00
こんな記事も読まれています

本田翼「台本にふりがな」でも素直な性格で“ポスト綾瀬はるか”に! トップ女優になる日も近い?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真