日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > バス運転手への暴行は日常茶飯事

【中国バス転落事故】乗客によるバス運転手への暴行は日常茶飯事だった

走行中にもかかわらず、運転手の後頭部に殴りかかる男

 先月28日に中国・重慶市で起こったバス転落事故。これにより、乗っていた運転手・乗客合わせて15人の尊い命が失われるという大惨事となった。

 この事故は、バス停を乗り過ごした女性客が逆ギレし、持っていたスマホで運転手に殴りかかり、それに運転手が応戦したことからハンドル操作を誤り、橋げたを突き破って約50メートル下の川にバスが転落したというものだった。

 これまで中国では、飛行機や列車内でのトラブルは数多く報道されてきたが、バス内のトラブルは、あまりにもローカルな話題すぎるからか、海外メディアに取り上げられることはほとんどなかった。

 しかし実際には、バスは市民の足であるだけに毎日のようにトラブルが起こっており、乗客による運転手への暴行事件も、現地メディアでは小さい扱いながらも取り上げられてきていた。

 そんな中、今回の重慶での事故により、あらためてバス内での乗客による運転手への暴力がクローズアップされることになった。中国の国営放送のニュース番組が、最近起こったバス内でのトラブルをまとめている。

 4月2日、浙江省舟山市の市バスで、男性客がバスを乗り間違えたことに気づいて、運転手にすぐさま止めるよう要求。運転手が拒否したところ、男は殴りかかり、ハンドルを奪ってバスを無理やり止めようとした。

 運転手は攻撃を受けながらもハンドルを奪い返し、急ブレーキをかけてバスを止めた。この時、バスは橋の上を走っていたところだった。

 同日、安徽省を走っていた長距離バス内でも、女性客が途中でバスを止めるよう要求し、それを運転手が拒否すると、女がハンドルを取って無理やり路肩に寄せようとするというトラブルも起こっている。


12
こんな記事も読まれています

【中国バス転落事故】乗客によるバス運転手への暴行は日常茶飯事だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真