日刊サイゾー トップ > 芸能  > ガンバレルーヤ“女芸人界”を席巻!?

ガンバレルーヤが“女芸人界”を席巻する日……内村光良の強力バックアップも

【校正待ち】ガンバレルーヤが女芸人界を席巻する日……内村光良の強力バックアップもの画像1
ガンバレルーヤのよしこ(左)とまひる(右)

「今は事務所も『とにかく働け!』と、ハッパをかけてるようですよ。実際、今年に入って丸一日の休みが数えるほどしかないくらい、仕事漬けの毎日のようです」(テレビ局関係者)

 今や“デブブサイクタレント”の筆頭格として活躍中のガンバレルーヤ。先日も、12月10日に決勝戦が行われる、女芸人の中から最も面白い“笑いの女王”を決める『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)の準決勝に駒を進めるなど、着実に結果を残している。

「それも、やはり内村光良さんのバックアップが大きいと思いますよ。もともと昨年2月の『内村てらす』(同)で彼の目に留まったことが、ブレークの始まりでした。当時は、おかずクラブやニッチェがこの“デブブサイクタレント”枠を争っていましたが、一気に抜き去った感じですね」(バラエティ関係者)

 同じ吉本のおかずクラブは内村がMCを務める『世界の果てまでイッテQ!』(同)に準レギュラーとして出演していたが、ガンバレルーヤもいつの間にか準レギュラーとして定着している。

「ところが、おかずクラブの方が先に準レギュラーだったせいか、彼女たちには『他局の似たような番組に出ないでくれ』とお達しがあったそうなんです。ニッチェはまだマセキ芸能で内村さんと同じ事務所だからか、そこまでは言われてないそうです。なので、そのおかずクラブが断らざるを得なかった旅番組などに、ガンバレルーヤがキャスティングされてることが多いですね」(芸能事務所関係者)

 業界の中でも、ガンバレルーヤはポスト森三中の呼び声も高いという。

「好感度も高い森三中は3人中2人が子持ちの主婦と、なかなかスケジュールの確保が難しいんです。泊まりの仕事や体を張った仕事は以前に比べてNGになってきてますからね。その点、2人はまだ20代ですし、しばらく男関係に悩まなくてもよさそうですからね(笑)」(同)

 ガンバレルーヤが女芸人界を席巻する日も、遠くないかもしれない――。

最終更新:2018/11/12 10:00
こんな記事も読まれています

ガンバレルーヤが“女芸人界”を席巻する日……内村光良の強力バックアップものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真