日刊サイゾー トップ > 芸能  > ガンバレルーヤ“女芸人界”を席巻!?

ガンバレルーヤが“女芸人界”を席巻する日……内村光良の強力バックアップも

【校正待ち】ガンバレルーヤが女芸人界を席巻する日……内村光良の強力バックアップもの画像1
ガンバレルーヤのよしこ(左)とまひる(右)

「今は事務所も『とにかく働け!』と、ハッパをかけてるようですよ。実際、今年に入って丸一日の休みが数えるほどしかないくらい、仕事漬けの毎日のようです」(テレビ局関係者)

 今や“デブブサイクタレント”の筆頭格として活躍中のガンバレルーヤ。先日も、12月10日に決勝戦が行われる、女芸人の中から最も面白い“笑いの女王”を決める『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)の準決勝に駒を進めるなど、着実に結果を残している。

「それも、やはり内村光良さんのバックアップが大きいと思いますよ。もともと昨年2月の『内村てらす』(同)で彼の目に留まったことが、ブレークの始まりでした。当時は、おかずクラブやニッチェがこの“デブブサイクタレント”枠を争っていましたが、一気に抜き去った感じですね」(バラエティ関係者)

 同じ吉本のおかずクラブは内村がMCを務める『世界の果てまでイッテQ!』(同)に準レギュラーとして出演していたが、ガンバレルーヤもいつの間にか準レギュラーとして定着している。

「ところが、おかずクラブの方が先に準レギュラーだったせいか、彼女たちには『他局の似たような番組に出ないでくれ』とお達しがあったそうなんです。ニッチェはまだマセキ芸能で内村さんと同じ事務所だからか、そこまでは言われてないそうです。なので、そのおかずクラブが断らざるを得なかった旅番組などに、ガンバレルーヤがキャスティングされてることが多いですね」(芸能事務所関係者)

 業界の中でも、ガンバレルーヤはポスト森三中の呼び声も高いという。

「好感度も高い森三中は3人中2人が子持ちの主婦と、なかなかスケジュールの確保が難しいんです。泊まりの仕事や体を張った仕事は以前に比べてNGになってきてますからね。その点、2人はまだ20代ですし、しばらく男関係に悩まなくてもよさそうですからね(笑)」(同)

 ガンバレルーヤが女芸人界を席巻する日も、遠くないかもしれない――。

最終更新:2018/11/12 10:00

ガンバレルーヤが“女芸人界”を席巻する日……内村光良の強力バックアップものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真