日刊サイゾー トップ > 芸能  > ソニン、今もエゴサやめれず……

ソニン、ミュージカル女優で成功後もエゴサやめれず……今でも消えない過去のトラウマが原因!?

ソニン公式Instagramより

 11月6日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演し、ミュージカル女優として大活躍している現状を語った元「EE JUMP」のボーカル・ソニン。ソニンは「EE JUMP」解散後、紆余曲折を経て2003年から女優業に活躍の場を移したところ、ミュージカル女優として大成功。番組では、現在は3年先までスケジュールが埋まっていることなどを明かし、共演者を驚かせた。

 さらにソニンは、自身の名前をSNSなどでエゴサーチしていることを告白。自身が“消えた人”扱いになっていることに言及し、「裸エプロンのイメージで、『脱いで仕事をしている』とか『夜の仕事をしている』とか。『カレーライスの女』は16年前。そこでイメージが止まっている」と嘆いてみせた。そのほか、番組ではソニンの常人離れしたストイックさを紹介。自分が倒れたら代役がいないということを鑑み、極力「舞台以外は喉を使わない」といい、タクシーに乗っても筆談で目的地を書いていると明かしていた。

「ソニンさんといえば、ストイックで思いつめやすい性格として有名ですからね」と語るのは芸能事務所関係者。

「EE JUMP解散の時は、パニックになり涙と鼻血が止まらなくなって倒れたことは有名です。ほかにも、テレビ番組の企画で570キロマラソンに挑戦させられて倒れたり、ドミノ6万個を並べるのに失敗して倒れたり。さらに肉体派女優としてムキムキになったり、土佐犬と対決したりと、真面目な性格にかこつけた悪趣味な企画をいろいろやらされています」(同)

 また、2002年には「カレーライスの女」というシングルCDを出しているが、この時のジャケットは裸にエプロンで横乳を強調している、かなりインパクトの激しいものだった。この時の仕事のことは、ミュージカル界では本人の前で話すことはタブーだという。

「バラエティ番組では裸エプロンについてイジられても笑っていますが、今でもエゴサーチして落ち込んでいるくらいですから、本人にとっては相当な黒歴史。いまや売れっ子主演女優のため、いらぬことを言って機嫌を損ねたらいいことなど一つもない。それゆえ、スタッフも共演者も絶対に歌手時代のソニンの話題を本人の前では出しません」(劇場関係者)

 もともとのストイックさや歌のうまさに磨きをかけ、今やミュージカル界の“女帝”となったソニン。それでも人々のイメージに残る“過去の下積み仕事イメージ”を払拭すべく、芸に邁進する彼女に今後も要注目だ。

最終更新:2018/11/20 13:53

ソニン、ミュージカル女優で成功後もエゴサやめれず……今でも消えない過去のトラウマが原因!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

れいわ新選組の躍進の謎に迫る

 7月に行われた参議院選では、与党側が選挙前の147から141へと議席を減らした一方、...
写真