日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木亜美「激辛好き芸能人」を制す?

キャラかぶりが大渋滞中!「激辛好き芸能人枠」を制するのは鈴木亜美?

キャラかぶりが大渋滞中!「激辛好き芸能人枠」を制するのは鈴木亜美?の画像1
「激辛アミーゴ」インスタグラム(@gekikaraamigo)より

 ここ数年テレビでよく見かけるようになったのが、異常な食生活を送る女性芸能人を紹介する番組。ある特定の食材ばかり食べたり、食事の量や回数が異常だったり、あらゆる料理に同じ調味料をかけたりする女性芸能人の生活を紹介する番組が、ちょっとしたブーム。特に目立つのが「激辛好き」だ。グルメ情報番組に携わった経験を持つフリーライターが語る。

「これまでテレビで激辛好きを公表した女性芸能人は、松井玲奈、小倉優子、鈴木亜美、加藤紀子、伊藤沙莉、道端アンジェリカ、高橋ひかる、瑛茉ジャスミン、おのののか、バイオリニストの岡部磨知などがいます。一口に“激辛”といっても、あらゆる食べ物にタバスコをドバドバかける伊藤沙莉、自宅でハバネロを栽培している加藤紀子、大食い+激辛好きという瑛茉ジャスミンなど、バリエーションはいろいろとあります」(フリーライター)

 まさに百花繚乱といった状態の激辛好き女性芸能人たち。異常食キャラの芸能人がもてはやされるのには、それ相応の理由があるようだ。テレビ関係者が語る。

「テレビ界では、しばしば『シズル(感)』や『画力(えぢから)』という表現が使われます。『シズル』は、肉汁が滴っていたり、鍋から湯気が立ち上っていたりして、いかにも食欲をそそられる様子、『画力』は、もう少し広い意味で視聴者の目を釘付けにする演出を表し、どちらも視聴率に直結するものとして重要視されています。そのためテレビ界では昔から、『困ったらグルメ特集』というのが定番でした。ただ、これだけグルメ情報があふれる中、普通のグルメ特集をやっても芸がありません。そこで脚光を浴びたのが“異常食”です。こういった特集は出演者の反応が出やすいため、ロケの“撮れ高”が高く、少ない予算で番組を仕上げることができます。芸能人が普段から通っているお店を紹介する形が多いので、許可取りが楽ですし、お店の紹介になるため店側もロケに協力的で、現場がやりやすいというメリットもあります」(テレビ関係者)

 背景に予算や手間を抑える狙いがあるというのも昨今のテレビ業界を象徴しているが、いくらなんでも“激辛好きをアピールする女性芸能人が多すぎる。大渋滞する激辛キャラ戦争を勝ち抜くのは誰なのか? 芸能誌の記者が語る。

「激辛好きとして名前が挙がっている芸能人たちを見ると、とりあえず松井玲奈と小倉優子は、このキャラを売りにしなくても食べていけるでしょう。また、道端アンジェリカは第一子が生まれ、ママタレとしての活躍も見込めます。伊藤沙莉は本業が順調なので、こちらも“激辛”に頼る必要はありません。高橋ひかるも『国民的美少女』という看板がありますから、事務所としてもこれ以上は激辛キャラをプッシュしないでしょう。残りの数人から選ぶとなれば、やはりインパクトがあるのは鈴木亜美です。彼女の場合、辛いものの食べ方が本当にエグいのもありますが、今のテレビのコア視聴層は鈴木をデビュー時から知る年代で、『あの人は今』的な要素もあるので、1粒で2度おいしいからです」(芸能誌記者)

 ここまでシビアに判断されるとは、本当に一番の“激辛”は、食べ物ではなくテレビ界・芸能界なのかもしれない。

最終更新:2018/11/22 23:00

キャラかぶりが大渋滞中!「激辛好き芸能人枠」を制するのは鈴木亜美?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚せい剤所持の疑いで5度目(薬物では4度目...
写真