日刊サイゾー トップ > 芸能  > 乙武洋匡の発言を松本人志が激怒!?

乙武洋匡、萩原健一の逮捕過去に言及も、ダウンタウン松本人志が全否定! 強い味方失い、危うい立場に!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

乙武洋匡公式Twitterより

 作家でタレントの乙武洋匡が3月31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に登場。同26日に亡くなった俳優・萩原健一のメディア上での扱いに異を唱えたツイートが、番組MCの松本らに全否定された。SNSなどでは、この一件で乙武がいよいよ松本にまで見放されるのではないかと話題になっている。

 くだんのツイートで乙武は、「4度逮捕された萩原健一さん、3度逮捕された内田裕也さんはカリスマと持ち上げ、新井浩文さんやピエール瀧さんは徹底的に糾弾し、『復帰は許さない』とするのは何故なんでしょう」という内容である。

 松本はこのツイートに対し「(萩原も)当時、めちゃくちゃ叩かれてたから」と苦笑し、芸能レポーターの長谷川まさ子も「家まで夜中でも行くような時代だったので」と、松本に同調した。

 ネット上では「今より叩かれてたのを知らないんだな」「いい感じの追悼ムードだったのにこれはちょっと水を差しちゃった」「知らないくせによく言ったな」「これでもう完全に『ワイドナ』からも干されちゃうんじゃない?」など散々な言われようだ。

「松本は2016年5月に『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で萩原と共演した際にも、彼に対するリスペクトを語っています。また『ダウンタウンのごっつええ感じ』(同)では『傷だらけの天使』(日本テレビ系)のオマージュコントを披露したこともありますし、強い思い入れがあることは明らかです。そういった背景もあり、乙武の発言には引っかかるものがあったのでしょう。松本がわざわざこういった個人ツイートを取り上げることはまれですし」(芸能ライター)

 さらにネット上では、乙武の発言が“自身の復帰アピール”と解釈する向きもあり、違った角度からもバッシングを受けている。

12

乙武洋匡、萩原健一の逮捕過去に言及も、ダウンタウン松本人志が全否定! 強い味方失い、危うい立場に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

千鳥・ノブの顔がやけにハマる?

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真